walking-dead-1666584_640_e_e

ahmadreza heidaripoor from Pixabay

 そもそもゾンビなんているわけないじゃん。他に心配することたくさんあるでしょ?っと思うかもしれないが、土葬文化が根強く残っているアメリカではテレビドラマなんかの影響もあり、ゾンビの大量発生をガチで心配している人も多い。

 墓場から遺体が蘇り、ゾンビが街へと迫ってきた。その時どうすれば?

 科学の力を借りて、疫学的に正しい安全な避難場所をシミュレーションした研究結果が報告されたようだ。

―あわせて読みたい―

ゾンビ映画に学ぶ、ゾンビに関する10の実在するセオリー(閲覧注意)
使用者をゾンビのようにしてしまう危険なドラッグ「スパイス」中毒者がイギリス・マンチェスターの町をさまよい歩く。
脳を破壊する「ゾンビ鹿病」が人間にも感染する恐れありと専門家が懸念
切なくて震える。あの感動のゾンビショートフィルム「Cargo」がついに長編映画化!ネットフリックスでも配信決定!
リアルにゾンビの襲来??真夜中に「ゾンビ警報」が発令されて停電。市民がパニックに陥るという事態に(アメリカ)

映画みたいにショッピングモールに籠城するのはNG

 ゾンビ映画を熱心に見ている人ならば、直ちにショッピングモールへ向かって血に飢えたゾンビどもと戦う準備を始めるかもしれない。ゲームにもそんなシチュエーションがあったはずだ。

 ここならば、食料品や水などの必需品を当面は確保することができる。持久戦をするのならばぴったりの場所と思えるかもしれない。

 それにいずれ世界が終わるのならば、その前にモールで好きな食べ物を心ゆくまで食べ、今まで着たこともない服を試したりと、徹底的に楽しんでから死ねれば本望。そんな束の間の享楽に耽るにも最高の場所だ。

 だが、そのような状況で絶望せず、本気で生き抜くつもりならば、ショッピングモールはお勧めできない。

zombie-784914_640_e_e

pixabay

生き残るなら人気のない山奥にGO!


 アメリカ・コーネル大学の研究で、全米でゾンビの被害が拡大する様子がシミュレーションされた。

 この研究では、人口3億人のアメリカを舞台に、そこで暮らす人々が「人間」「感染者」「ゾンビ」「死んだソンビ」のいずれかの状態にあるものと仮定。

 ゾンビに噛まれると感染者となり、人間がゾンビを殺せば拡散は抑制されるという条件で、それぞれをランダムに接触させた場合、ゾンビがどのように広がるのかをシミュレーションした。

 そこから導き出された逃げるべき場所は、基本的に人口の少ない、街から離れたところだ。アメリカゾンビが大発生したというのなら、モンタナ州やカナダの北ロッキー山脈が最適な避難場所となる。

都市部にいたらあっという間にゾンビになっちゃうよ

 研究では、ニューヨークシティでゾンビアウトブレイクが発生したと仮定したが、日本なら東京や大阪のような大都市を想定すればいいかもしれない。

 火葬の日本ではゾンビ出ないんじゃね? とかいう野暮はいいっこなしだ。そういうときはT-ウイルスのような、生きた人間がゾンビ化するような状況を想定してくれ。

 ゾンビは噛みつかれた場合に感染するとすると、人口が密集した場所では、すぐそばに人がいるために犠牲者はどんどん増え、ゾンビ禍が広がっていく。

 もし、人がごった返している東京の駅をゾンビが襲ったら? その結果、どれほどのゾンビが新たに誕生するか、簡単に想像できるだろう。ゆえに都市部の方が崩壊速度は早い。

zombie-2098775_640_e_e

pixabay

人口が少ないほど伝染速度は低下


 しかし、都市から離れた田舎ならば人が少ないために、ゾンビは噛みつく相手をなかなか見つけられない。そのために伝染の進行速度は低下する。

 また都市から距離があるならば、当然ゾンビが襲来するまでの時間は長くなる。それまでに十分対策を講じることができるかもしれない。

 アポカリプスが発生したら、人口が少ないところに逃げるべきなのはこうしたわけだ。

 ニューヨークで起きたアウトブレイクの波が田舎にまで到達するのは数週間かかると予測される。北部の山間部なら数ヶ月は時間的猶予があるという。

iStock-1013625982

Grandfailure/iStock

さまざまな状況を想定しておくことも大切


 ただし、ゾンビの誕生メカニズムはさまざまなものが考えられる。

 またゾンビ映画が参考になるならば、呻きながらヨタヨタとしか動けないゾンビがいるかと思えば、猛然とダッシュで襲いかかってくるような奴もいる。

 こうしたことを考えれば、伝染する速度は一様ではなく、状況によってかなりバラツキがある可能性もある。あらゆる状況を想定して、柔軟に対応できるようにしておくことも生き残るには重要だろう。

iStock-576713768_e

Grandfailure/iStock

破滅から逃れられるのか?


 ちなみにこのシミュレーション、研究者がゾンビオタクだからやったというわけではなく(そうかもしれないが)、現実の疫病が拡散する様子を明らかにすることが目的の、きわめて真面目な研究なのだそうだ。

 その結果が、最適な避難場所は北ロッキー山脈というものだったのだが、やっとの思いでそこまでたどり着いたら、すでにゾンビの大群がいたなんて、映画にありがちなオチが待っているかもしれない。

 というのも結局のところ、最終的に人類が生き残る見込みは薄そうだからだ。

 「現実的なパラメーターで試した場合、概ね破滅が運命づけられている。」

 ——これが論文の結論だ。ゾンビおそるべしなのである。

 ちなみに米国国防総省米国疾病管理センターでも、ゾンビの発生シナリオを使用して、災害対策のためのトレーニングプログラムを開発している。

References:Here's The Safest Hideout in a Zombie Apocalypse, According to Statistics/ written by hiroching / edited by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52277053.html
 

こちらもオススメ!

―知るの紹介記事―

魚卵うめぇ!深海920メートルの海底で、魚の卵をむさぼるハングリーなカニのレア映像(アメリカ)※ツブツブ注意
マイクロチップの代わりとなるか?犬の鼻を利用した生体認証システムが開発中
海で二酸化炭素が飽和し、大量絶滅へ向けた転換期に達しつつあるという研究報告(米研究)
Xの書き順ってどれがベスト?アイスクリームは舐める?噛む?ツイッターで真面目に議論されている11の議題
バス停の屋根に植物を植えてミツバチが気軽に立ち寄れる場所に。オランダで始まった人とミツバチが共存できる取り組み

超常現象・心霊についての記事―

臨床的脳死と診断された男性が10分後に目覚める。彼が見た死後の世界は「無」
怪奇音の正体は!?家の地下から聞こえる謎の叫び声や物音で退去を余儀なくされた住民(イギリス)
村がまるごと消失するというミステリー。UFOが関与か?それとも政府の陰謀か?(中国)
27分間の死。心停止から6回の蘇生を経て生き返った女性、意識が戻った直後に奇妙なメモ書き「あれは本当」
ただの見間違い、とはいうものの怖いものは怖い。日常に潜むホラーな光景
もしもゾンビが大量発生したらどうする?疫学的に正しい安全な避難場所を割り出した研究(米研究)