自動車メーカーアウディAudi)は、VRを活用した顧客向けラウンジ南アフリカに初導入しました。VR内でアウディの車両をチェックし、仕様の確認や購入検討が可能となります。

今回VRラウンジが導入されたのは、南アフリカ・ハウテンにある店舗。アウディのVRラウンジは全世界で400以上の店舗に導入されており、今後南アフリカ国内での導入は増加する見通しです。

このVRラウンジにはアウディの各車種のデータに加え、ロケーションや時間設定機能も完備。利用者は好みのシチュエーションを選び、購入予定の車両がどのように見えるのか確認できます。さらにセールスコンサルタントの助言を受けつつ、アウディの各種車種や色の決定、オプション装備の取捨選択などを行います。

「アウディのグローバル戦略の核心部分の一部」

今回の南アフリカへのVRラウンジ導入について、アウディアメリカ統括のTrevor Hill氏は以下のようにコメントしています。

デジタル化は、アウディのグローバル戦略の核心部分の一部であり、VRラウンジはその好例です。これは革新的な技術を南アフリカ自動車業界に導入し、またパートナーディーラーと関係を深める良い機会となるでしょう。

自動車業界はVR/AR/MR導入に積極的

アウディはVR活用に積極的な姿勢を見せており、2018年末からVRラウンジ(VRショールーム)の導入を進めています。

アウディ、全世界1,000店舗で「VRショールーム」本格展開

アウディ、全世界1,000店舗で「VRショールーム」本格展開

MoguraVR

自動車業界ではフォードや日産が新車のデザイン・設計にVRモデリングツールやVR力触覚再現デバイスを導入、トヨタ自動車はMR(Mixed Reality/複合現実)を使用した自動車の修理・点検業務への取り組みを行うなど、VR/AR/MRなどの技術導入に意欲を示しているようです。

フォード、VRモデリングツールで新車のデザイン設計

フォード、VRモデリングツールで新車のデザイン設計

MoguraVR

指先の感覚を再現 日産、車のデザインに新たな触覚デバイスを採用

指先の感覚を再現 日産、車のデザインに新たな触覚デバイスを採用

MoguraVR

トヨタが自動車整備にMR活用、販売店にHoloLens 2を順次展開

トヨタが自動車整備にMR活用、販売店にHoloLens 2を順次展開

MoguraVR

(参考)BusinessLIVE