サッスオーロは17日、インテルからグアドループ人DFアンドリュー・グラヴィジョン(21)を買い取りオプション付きの1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。

インテルの下部組織出身の188cmのセンターバックであるグラヴィジョンは、トップチームでの出場機会はなく、2017年夏に完全移籍したベネヴェントセリエAデビュー。その後、2018年1月にペスカーラに完全移籍しセリエBの舞台で活躍をみせると、2019年1月にはインテルが買い戻し、そのままペスカーラにレンタルで放出。昨シーズンは公式戦31試合に出場していた。

なお、『フットボールイタリア』によれば、サッスオーロが来夏に買い取りオプションを行使する場合、900万ユーロ(約10億9000万円)を支払うことになる。

サムネイル画像