レスターは評価額を121億円とするも、それに届くオファーを提示したクラブはゼロ

 レスターブレンダン・ロジャース監督が、マンチスター勢から関心が伝えられるイングランド代表DFハリー・マグワイアへのオファーはすべて断ったと明かした。クラブの評価額は9000万ポンド(約121億円)とされ、レスターを納得させるオファーはなかったという。英紙「デイリーメール」が報じた。

 2017年からレスタープレーするマグワイアは今やプレミアリーグ屈指のセンターバックへと成長し、メガクラブから熱視線が注がれている。そのなかでも、今夏はマンチェスター・ユナイテッドマンチェスター・シティというマンチスターの両雄が揃って獲得に動いている。

 どちらのクラブも獲得に近づいているとの報道が出ており、情報の信憑性はどれも定かではない。しかし、レスターを率いるロジャース監督は「ハリートップクオリティーを持った選手だ。クラブの評価額に近づいたクラブはない」と語り、マグワイアへのオファーはクラブがすべて断ったとしている。実際の要求額は9000万ポンド(約121億円)とされ、これに届く提示はないのだという。

 これが実現すれば、DFの選手としてはリバプールオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイク(7500万ポンド=約101億円)を抜いて、歴代最高額の移籍となる。

 渦中のマグワイアはすでにチームメイトにも移籍希望を伝えたとも報じられていたが、今季最初のテストマッチとして行われた16日のスカンソープ・ユナイテッド戦にも後半から出場していた。プレミアリーグ開幕まで1カ月を切り、マグワイアの去就問題は俄然注目を集めている。(Football ZONE web編集部)

去就問題が過熱するレスターDFマグワイア【写真:Getty Images】