「風ノ旅ビト」や「Flowery」のデベロッパとして知られるthatgamecompanyのスマートフォン向けアプリ第1弾「Sky 星を紡ぐ子どもたち」(iOS版)の配信がスタートした。

2019年7月18日0:25頃追記:7月17日23:15頃にアプリの配信開始を確認したため,記事の内容を一部修正しました。

 制作が発表された2017年から長きにわたって謎のベールに包まれていた本作だが,配信に先駆けてゲームの内容を体験できたので,本稿でプレイインプレッションをお届けしよう。


リンク関連記事:「風ノ旅ビト」のthatgamecompany,iOS向けの新作アドベンチャー「Sky」の制作を発表

リンク「Sky 星を紡ぐ子どもたち」公式サイト
リンク「Sky 星を紡ぐ子どもたち」ダウンロードページ

 ゲームの物語は,かつてthatgamecompanyが手がけた作品と同様に,ほとんどテキストのない形で“察する”しかない(操作などの説明は最小限だが存在する)。プレイヤーに提示されるのは「星々の世界から地上に落ちてきてしまった“精霊”を空に帰還させる」という使命だけである。


 精霊たちは,なぜ地上に落ちてしまったのか。そして,それを救う主人公は何者なのか。そういった謎の数々は,世界中をわたり歩きながら断片的な情報を収集していくことで,少しずつ明かされていくのだ。


 地上に落ちた精霊は黒い石の姿となり,あちこちに散らばっている。これらを解放するためには,フィールドの各地に置かれている「キャンドル」に火を灯し,そこから得られるエネルギーを消費せねばならない(以降は単に「キャンドル」と呼ぶ)。集めたキャンドルは本作における“通貨”としても機能するので,キャンドルを発見し次第,火を灯していこう。




 本作の魅力はなんといってもビジュアルによる表現力だ。移動や視界の回転は左右のバーチャルパッドで行うのだが,極めて軽快な操作感覚と相まって,歩き回るだけで世界観を堪能できる。

 「風ノ旅ビト」で見られた砂丘の世界はもちろん,草原と青空のコントラストや,厳かな雰囲気がただよう遺跡の内部など,どこに行っても映像美に目を奪われること請け合いだ。


 ある程度ゲームを進めると,右側のバーチャルスティックホールドすることで,自キャラが空に飛び上がれるようになる。この能力を活用して乱気流の中に飛び込めば,自由に空を飛ぶことも可能だ。



キャンドルを使った間接的なコミュニケーション

 メインストーリーは,ソロプレイでも最後までクリアできる仕組みになっている本作だが,フィールド内には同エリアにいるほかのプレイヤーキャラクターの姿も表示されている。彼らとのゆるいマルチプレイ要素も注目ポイントだ。

 先に紹介したとおり,本作はゲーム内で進行目標が明示されず,キャンドルもひっそりと配置されていることが多い。そんなキャンドルを新規プレイヤーが見落とさないように,先行しているプレイヤーが間接的に教えられる仕組みが用意されている。


 ゲーム内で出会ったプレイヤーとは,互いにキャンドルを贈り合うことで親交を深められる(フレンドになれる)のだ。親交を深めると,ハイタッチやハグなどのコミュニケーション機能がアンロックされていく。

 面白いのは,本作におけるプレイヤーキャラには固有の名前が存在せず,フレンドキャラ名は自分で設定するという点である。ちなみに,一定以上まで親交を深めなければテキストチャットを行えない仕組みなので,挨拶や会話のわずらわしさはない。




 旅の拠点となる島に戻ると,プレイヤーが助け出した星の精霊たちが作り出す星座を見つけられる。星座の星々は旅の途中で出会った精霊やフレンドを表しており,ここからキャンドルを直接贈ることも可能だ。



 以上のとおり,キャンドルの使いどころは非常に多い。なお,メインストーリーを進めれば,ゲームの進行や数人のフレンドとのやり取りに必要な分のキャンドルは十分手に入るようだ。

 そのほか正式サービス後に2か月間隔で実施される予定のイベントや,ログインボーナスとしての配布を通じても手に入れられるという。課金要素としても用意されるので,もっと多くの仲間とつながりたいという人は購入を検討するといい。



 本作のビジネスモデルは基本プレイ無料のアプリ内課金制だが,無料でダウンロードできるタイトルとは思えない遊び応えがあった。シーズンパスを購入すれば,イベント内で新たなエリアが探索できるようになったり,新たなエモートやアイテムが入手可能になったりもするという。なお,iOS版が先行して配信される予定だが,Android版やPC版の配信も予定されている。

 「Sky 星を紡ぐ子どもたち」は,テキストによる説明が可能な限り省かれているものの,ほかのプレイヤーとのコミュニケーションが重視されているという,かなり意欲的な作品だ。thatgamecompanyの作風が好きな人ならきっと楽しめるタイトルなので,少しでも興味がわいたならぜひ一度プレイしてみてほしい。


リンク「Sky 星を紡ぐ子どもたち」公式サイト
リンク「Sky 星を紡ぐ子どもたち」ダウンロードページ


―――――――――――――――――――――――――――――
記事URLhttps://www.4gamer.net/games/394/G039457/20190717093/
→この記事を4Gamerで読む(※画像などがすべてある完全版です)
―――――――――――――――――――――――――――――
関連タイトル
iPhone Sky 星を紡ぐ子どもたち

―――――――――――――――――――――――――――――
2017 (C) thatgamecompany all rights reserved
―――――――――――――――――――――――――――――
Copyright (C) 2000-2019 Aetas, Inc. All rights reserved.

「風ノ旅ビト」のデベロッパによるスマホ向けアプリ「Sky 星を紡ぐ子どもたち」プレイインプレッション。言葉は交わさなくても空を飛べる