アトラスは、PS4向けタイトル十三機兵防衛圏2019年11月28日に発売することを発表した。価格は通常版が8980円(税別)、限定版が14980円(税別)。

(画像はアトラス公式アカウント(@Atlus_jp)さん | Twitterより)

 『十三機兵防衛圏』は、アトラスヴァニラウェアより開発されているアドベンチャーゲーム。13人の少年少女が「機兵」と呼ばれるロボットに乗り込んで戦いを繰り広げるSF群像劇になっており、ディレクターヴァニラウェアの神谷盛治氏が担当している。

 本作は2015年に発表されたあと延期を続けていたが、ついに発売日が決定。あわせて公式サイトリニューアルされており、13人それぞれが抱える謎を解き明かす「追想編」、イベントや物語を考察できる「究明編」、そして機兵に乗ってシミュレーションバトルを行う「崩壊編」のという3つの要素でゲームが進んでいくことが明らかになった。

 先着購入特典として、DLC「『十三機兵防衛圏デジタル・アートワークス」が付属するほか、シークレットファイルペーパークラフトモデルキットが付属する限定版「『十三機兵防衛圏プレミアムボックスも発売される。

ライター渡邉卓也

十三機兵防衛圏 公式サイト