ハワイ旅行の楽しみとして、ハワイの文化であるフラダンスウクレレの演奏を見に行く方も多いのではないでしょうか?
今回は、ロイアルハワイアンセンターで開催される、
「第3回ワイキキスチールギターウィーク」についてご紹介します。

フラダンスウクレレよりもマイナーだけど、
誰もがどこかで聞いたことのある「あの音」を奏でるスチールギターに注目してみましょう。


スチールギターとは?






こちらは去年のスチールギターウィークの動画です。
日本でもよくハワイに関するイベントハワイに関する施設などのバックでスチールギターの演奏が流れている時がありますよね。

スチールギターとは、専用のギターを琴のように弦がある部分を上して演奏する楽器です。
左手でスライドバーという金属を使って音程を変え、
右手は裁縫で使う指ぬきのような形のピックを持って弦を弾く奏法です。
19世紀後半から20世紀初頭にハワイで開発された奏法と言われています。


ワイキキスチールギターウィークとは?




参照:HSGA Japan chapter - Hawaiian Steel Guitar Association Japan chapter

ワイキキスチールギターウイークとは、1週間にわたってハワイアンスチールギターアーティストバンドが、ハワイアンミュージックの演奏で祝う1時間ほどの無料イベントです。
ロイアルハワイアンセンターロイヤルグローブステージで1年に1度開催されており、今年で3回目になります。

今年のワイキキスチールギターウィークが行われるのは2019年7月15~20日です。
7月15日〜18日は18時19時:主にスチールギターの演奏が行われます。
7月19日〜20日は16時15分〜20時:スチールギターボーカル・フラダンスが楽しめます。

日本でスチールギターを演奏している方は大変少ないので、ギター好きはもちろん、
ハワイアンミュージックを肌で感じたいという方にピッタリのイベントです。
ワイキキにお泊まりの方だとアクセスしやすく、プログラムも毎日異なるので、全日程行くのもいいかもしれません。

19日〜20日には、ヴィンテージスチールギターをロイアルハワイアンセンターのHelumoa Hale会議室に展示するそうです。
スチールギターの専門家に直接お話を伺えるので、貴重な体験になること間違いなしです!
予定の合う方は、ぜひ足を運んでみてください。

ハワイと言えばあの音!「第3回ワイキキスチールギターウィーク」開催!