ヴィニシウス、ミリトン、ゴエスが外国人枠を占めると見られ、下部カテゴリーで登録

 スペインの名門レアル・マドリードに加入した日本代表MF久保建英の注目度は日増しに高まるばかりだが、トップチームで出場するうえでのハードルになるのが外国人枠の存在だ。そこで、クラブは昨季レギュラーに抜擢された新星FWヴィニシウス・ジュニオールトップ起用したのと同じ“作戦”を使うのではとスペイン紙「マルカ」が報じている。

 久保はFC東京からレアルへ渡り、プレシーズンキャンプではいきなり帯同メンバーに名を連ねた。スター選手に囲まれたなかでも物怖じしないプレーを披露し、華麗なテクニックを披露する動画がクラブ公式サイトSNSによって公開されると、日本のファンからはもちろん、海外でも反響を呼んでいる。

 そんな久保は今季、レアルBチームにあたるカスティージャが主戦場となる予定だが、19歳以下の選手で構成されているフベニールAのカテゴリーで選手登録された。これにはレアルが外国枠選手の久保をトップ起用するための思惑も込められているようだ。

 スペインでは、トップチームには外国人(EU外)枠がある。そのうちの一つを埋めていたウルグアイ代表MFフェデ・バルベルデが間もなくスペイン国籍を取得する見込みだが、今季はヴィニシウス、DFエデル・ミリトン、FWロドリゴ・ゴエスのブラジル人選手たちが3枠を占めると予想されている。

 ただし、外国人枠が埋まっている場合でも下部カテゴリー登録の選手に関しては起用が可能だ。昨季途中からトップチームで起用されていたヴィニシウスもこのケースにあたる。マルカ紙の記事では「レアル・マドリードは久保にヴィニシウスと同じ扱いを与える」として報じ、同じ戦略で久保にもチャンスを与える可能性があると指摘した。

 さらに、記事にはこう記されている。

「ロス・ブランコス(レアルの愛称)は久保のスキルに信頼を置いており、数年後に彼のポテンシャルが最大限発揮されるような成長の手助けをしたいと考えている」

 神童と謳われるヴィニシウスと同等の注目度を集める久保。レアルからの期待は相当に大きいようだ。今季中にトップチームプレーする姿を見ることはできるだろうか。(Football ZONE web編集部)

(左から)レアル・マドリードMF久保、FWヴィニシウス【写真:Getty Images】