富士フイルム株式会社は、同社のミラーレスデジタルカメラ「GFXシリーズ」用交換レンズGFレンズの新製品として、標準レンズ「フジノンレンズ GF50mmF3.5 R LM WR」(以下:GF50mmF3.5 R LM WR)を2019年9月下旬に発売する。希望小売価格は税別138,500円

GF50mmF3.5 R LM WRは、開放F値3.5、焦点距離50mm(35mm判換算:40mm相当)を備えた標準レンズ。質量335g、全長48mm、最大径Φ84mmのコンパクト設計により、「FUJIFILM GFX 50R」(以下:GFX 50R)との組み合わせで1,110gのラージフォーマットミラーレスシステムを実現。

非球面レンズ1枚を含む6群9枚のレンズ構成を採用し、球面収差やディストーションを抑制。小型軽量なフォーカスレンズリニアモーターにより駆動させるインナーフォーカス方式を採用することで、高速かつ静音で高精度なAFを実現。AF時間は、位相差AF使用時で0.189秒、コントラストAF使用時で0.33秒(CIPAガイドライン準拠のAF時間)。

また、鏡筒の10ケ所にシーリングを施した防塵・防滴・-10℃の耐低温構造を採用しており、小雨や埃が舞うアウトドアの環境下でも安心して撮影ができるとしている。

富士フイルム、開放F値3.5、焦点距離50mmの標準レンズ「フジノンレンズ GF50mmF3.5 R LM WR」を発表