昨年11月に始動したユニバーサル ミュージックとの共同ライブプロジェクト「Anker × Universal Music Special Live」の第4弾として、今年デビュー10周年を迎えた「Hilcrhyme」とタッグを組み、全国13都市を巡る半年ぶりの全国ツアーを開催致します。
米国・日本・欧州のEC市場において、スマートフォンタブレット関連製品でトップクラスの販売実績を誇るAnkerグループの日本法人、アンカージャパン株式会社(所在地:東京都中央区、代表取締役:井戸義経)は、ユニバーサル ミュージック合同会社(所在地:東京都渋谷区、社長兼最高経営責任者 (CEO):藤倉尚)と昨年11月より実施している共同ライブプロジェクト「Anker × Universal Music Special Live」の第4弾として、「Hilcrhyme TOUR 2019『SUN & MOONpowered by Anker」を開催致します。

本企画は、2009年に発売した2ndシングル春夏秋冬」で日本レコード大賞や有線大賞等の新人賞を受賞した「Hilcrhyme」の半年ぶりとなる全国ツアーです。メジャーデビューから10周年を迎えたことを記念して発表された2枚のセルフリメイクアルバムSUNリメイクベスト1~」(2019年6月12日発売)および「MOONリメイクベスト2~」(2019年10月発売予定)を引っ下げ、2019年11月2日(土)の名古屋を皮切りに、札幌・仙台・郡山・東京・長野・岐阜・大阪・新潟・富山・広島・高松・福岡の全国13都市でコンサートを行います。

券種はこれまで同様、「スペシャルチケット」と「ライブチケット」の2種類をご用意。「スペシャルチケット」には通常のライブチケットに加えて、コンパクト設計と長時間再生が魅力の防水BluetoothスピーカーSoundcore Motion B」の「Hilcrhymeオリジナルデザインモデルセットになっており、ライブの感動をそのままにご自宅でもMC TOCのメロディアスなラップによる「Hilcrhyme」の世界に浸ることができます。


Anker x Hilcrhyme | ライブ概要
メロディアスなラップスタイルとキャッチーなメロディで唯一無二の世界観を作り出す「Hilcrhyme」が、デビュー10周年を記念したリメイクアルバムを引っ下げて行う、半年ぶりの全国ツアーです。

ライブ概要
製品の仕様



Anker Group / Anker Japan | Ankerグループおよびアンカージャパンについて
Ankerグループは「Empowering Smarter Lives」をスローガンに、モバイルライフパートナー ブランド「Anker」、オーディオブランドSoundcore」、スマートホームブランド「Eufy」を日本で展開するハードウェアメーカーです。中核をなす「Anker」は、米Google出身の数名の若者達によって2011年に創設され、最新テクノロジーを採用しながら、納得の価格と安心のサービスで高品質のスマートデバイス周辺機器を提案し、米国や日本、英国・ドイツをはじめとした欧州各国など、世界のEC市場でベストセラーや売上1位を獲得しています。


ウェブサイトAnker公式オンラインストア:https://www.ankerjapan.com


アンカージャパン株式会社について】
本社: 〒104-0033 東京都中央区新川2-22-1 いちご新川ビル3階
代表者:  代表取締役 井戸 義経
設立:  2013年1月
資本金:  1億6,000万円
TEL:  03-4455-7823(アンカージャパン カスタマーサポート
FAX:  03-6280-5881
事業内容: デジタル製品の開発・製造・販売(Ankerグループの日本法人)



Universal Music LLC | ユニバーサル ミュージック合同会社について
全世界60の地域に子会社となるレコード会社、ライセンシーを展開する世界最大の音楽企業 ユニバーサル ミュージック グループの日本法人。邦楽、洋楽、クラシックス&ジャズ、カタログなど様々な歴史を持つ音楽レーベルから幅広い音楽ジャンルの作品が生み出されています。ユニバーサル ミュージック グループは、メディアと通信のグローバル企業であるビベンディVivendi) 傘下の 1グループです。

ウェブサイトhttp://www.universal-music.co.jp/

【商標について】
- Anker、SoundcoreおよびEufyは、アンカージャパン株式会社またはその関連会社の商標または登録商標です。
- その他会社名、各製品名は、一般に各社の商標または登録商標です。

配信元企業:アンカージャパン株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ