JR東日本・堀井哲也監督 「7年ぶりだな、こんないい球投げるのは…」都市対抗野球初登板へ

 社会人の名門・JR東日本の監督で数多くのプロ野球選手を輩出している堀井哲也監督。19日に第90回都市対抗野球の初戦を迎えるが、あるひとつの挑戦に立ち向かっている。「復帰率30%」のけがと位置付けられた2011年夏の日大三(西東京)の甲子園優勝投手で、翌年の全日本大学選手権決勝で勝利投手にもなった吉永健太朗投手の復活だ。初の都市対抗野球のマウンドへ。同社で過ごした4年間には多くのドラマがあった。

 ブルペンの吉永の投球を見た堀井監督はうなり、思わず声をかけた。

「7年ぶりだな、こんないい球を見るのは…」

 6月のある日。2人しかわからない空間がそこにはあった。

「今、いいときのスピード感からすると、9割くらいかもしれません。だけど、ボールの質は(7年ぶりと言ったが)それくらい。肩をかばわないで放ったという意味でね。怖さはまだあるかもしれませんが、肩の痛みがなくなった。私は復帰が奇跡だと思っています」

 表情には喜びがあった。

 出会いは吉永が早稲田大学の1年生だった7年前に遡る。高校でも大学でも日本一になった右腕とは、2012年11月末から台湾で行われたアジア野球選手権だった。堀井監督はコーチ。吉永は1年生ながら抑えを任されていた。吉永は大学1年目からリーグ戦で大活躍。4勝に防御率はリーグ1位。スカウトからは“3年後のドラフト1位候補”とまで言われた。可能性は低いが、「もしも、4年後にプロに行かなかったり、何かあったりしたら、JR東日本に来いという話をしましたね」という。それがスタートだった。

 何かあったら…

 言っていたことが現実になってしまった。大学2年の秋に調子落とし、フォームが乱れ、4年の時に肩を痛めた。堀井監督は医者の判断を仰ぎながら、JR東日本に吉永を迎えることを決めた。

「1年目からできる、できないは別として、必ず、将来、肩もフォームも回復させて、チームの中心選手にする」

そう心で誓ったが、ここからが苦難の連続だった。

 1年目の夏は何とか中継ぎで行ける目処が立ったが、再び肩を痛めた。その時、堀井監督は野手としても高いポテンシャルを持っていた吉永に打者転向を打診した。これまでも三菱自動車岡崎の監督時代には谷佳知氏(オリックス・巨人)、JR東日本でも寺内崇幸氏(巨人・現栃木GB監督)、田中広輔(広島)、西野真弘(オリックス)ら野手も多くプロに送り込んでいた。その目は確かだった。

「バッティングも非常にいいし、足も速くてセンスもある。ショートで2年やってプロに行け、と。ピッチャーはもう諦めたらどうだ? と言いました。でも、本人はどうしても投手というのが外せなかったんです」

 最初は「そんな気持ちではダメだ」と拒否した投手と野手の兼任案を、吉永の強いこだわりから承諾し、“二刀流”が始まった。翌シーズンでの「3番・遊撃」での出場を目標に、オフシーズンに徹底的に鍛え上げた。一方で、野手としての全体練習が終わった後にブルペンに入ったり、打撃投手を率先して務める姿も見ていた。

 2年目で迎えた3月初旬。シーズンが始まるオープン戦の時に悪夢が吉永を襲った。一塁走者で牽制球に帰塁した時に、右肩を亜脱臼。最初は保存療法で2か月くらい安静していた。打つことはできたが、投球はできなかったため、ここでは野手に専念。しかし、2か月経っても肩は治らず、ショートでの出場も難しいため、手術をすることになった。

「関節唇がはがれてしまっていて、それを止める手術だったんですが、いろいろデータを取ったり、ドクターと話をしてみても、私は復帰の確率は30%くらいだと。いや、もっと低いんじゃないかなと思いました」

 9月に手術を終えた。野手として、ボールが投げられるようになるまでは最低、1年がかかるという診断だった。

会社と指揮官が出した決断は「休部」リハビリと野球は業務時間以外で 裏方の仕事に徹する

 シーズンを終えたとき、吉永と話をした。社会人で長年、指揮を執る堀井監督。企業側の考えも理解している。リハビリだけする選手を野球部に置いておくにはいかないため、話し合いの末、休部扱いといした。つまり、会社員として、仕事に従事することになった。リハビリや野球の練習は、業務以外の時間で行わなければならない。

 その時、堀井監督は吉永に厳しい条件を出した。シーズン終わるまでのオープン戦で痛みなく、投げられること。その年限りで野球を引退していく選手との兼ね合いもある。企業人として、苦渋の決断だった。

 「そのときに『1年は見るよ』と。ノルマをクリアすれば、土俵にあげる。1イニングでもいいと言ったんですね。全力で腕を振る投球を見せないと翌年(の野球部在籍)はなかった。そこでも『野手でもいいぞ』と言ったら、彼はかたくなにピッチャーで復帰しなかったらユニホームを脱ぐと言っていましたね」

 ノルマを課し、最後にこう付け加えた。

「『お前が東京ドームのマウンドに立って投げる姿を見たい。そのために頑張ろうよ』と。あいつだけ、頑張らすわけにはいかないので……」

 野手転向を指示し、オープン戦でケガを負わせてしまった責任を感じていた。堀井監督の記憶には吉永のリハビリの過程は細かく刻まれている。トレーニング、リハビリ、ランニング…吉永が仕事の休日にグラウンドに来ている時も、全体練習が終わったグラウンドやブルペンで一人、練習をしている姿を見ていた。

「30%もないような復帰率を乗り越えるためには、私は普通のリハビリでは無理じゃないのかと思いました。吉永自身、大学2年まで野球でいい思いをしてきた。その陰には、いろんな人の支えがあった。そういうことを客観的に感謝したり、見つめ直す時間が必要だったのではないかなと。大学3年からすごく苦労したけど、それは野球やっている中での苦労。野球ができなくなった時の厳しさをどう感じるか。それが低い復帰率を克服するためのひとつの条件なんじゃないかなと思っていました」

 それが休部を決めた一番の要因だった。その間、吉永は都市対抗野球のチケットを会場の受付で配ったり、選手名鑑を作ったりと、裏方の作業に徹していた。

 そして、8月。ついにピッチングを開始した。10月までの3か月、オープン戦2試合を1イニングずつ投げた。140キロ台の球速が出た。堀井監督のノルマを達成した。

「チーム編成という意味で、冷静に投手陣見渡したときに、肩の状態万全ならば、来年の戦力になると思いました。メンタル、投球術、考え方、バント処理、牽制などの周辺の技術には不安がないので。ちゃんと投げられるかが一番の問題でしたから」

 今年、都市対抗予選で登板はなかったが、オープン戦では登板を重ねた。2人が目指し、思い描いた“その時”を夢見ている。

 手術をしたことで、大学時代から苦しんでいた肩が治った。人間的にも大きな成長を遂げた。「けがの功名どころではないですよ」と今なら笑って振り返られる。今はスタミナ面の問題があるため、短いイニング。連投はきかないが、その課題も克服されれば、堀井監督は先発として使うプランを温めている。

「スタミナが戻れば完全復帰ですね。今年はそういう(中継ぎとしての)使い方だけど、来年はエースでマウンドに立っているかもしれません。プロと言う選択肢は年齢や故障歴みてもないとはプロ側もそうは見てはないと思いますが、彼の野球人生として、そこ(エースの座を奪うところ)までやってほしいですね」

 何度でも野球と決別するポイントはあった。しかし、吉永は諦めるという選択はしなかった。野球の神様は乗り越えられない試練を与えない。乗り越えられたのは、投手としての強いこだわりだった。マウンドに立って、投げる喜び、勝つ感動をもう一度、味わうために。

 ◇ ◇ ◇

この記事は「Full-Count」と「THE ANSWER」の連動コラムです。「THE ANSWER」には吉永健太朗投手の現在地と復活を支えた人物など「8年後の夏の真実」を掲載しています。(楢崎豊 / Yutaka Narasaki)

JR東日本・吉永健太朗【写真:楢崎豊】