レッズ戦で6回2安打無失点の快投で14試合ぶりとなる3勝目を挙げた

カブス 5-2 レッズ(日本時間18日・シカゴ

 カブスダルビッシュ有投手は17日(日本時間18日)、本拠地のレッズ戦に先発し6回2安打無失点の好投で3勝目を挙げた。本拠地では移籍後初勝利、14試合81日ぶり勝ち星となった。待ちに待った勝利にファンも賛辞を送っている。

 6回2安打7奪三振無失点の快投を見せ、移籍後本拠地リグレーフィールドで初勝利を挙げたダルビッシュ。4回までノーヒットピッチングを見せると、5回2死からグラテロルに初安打となる中前打を浴び一、二塁のピンチを背負ったが後続を仕留め無失点。6回も先頭に二塁打を浴びたが要所を締め得点を許さなかった。

 長いトンネルを脱出した右腕の待望の白星をカブス公式インスタグラムも写真を添え伝えた。本拠地での白星にファンからも歓喜の声が上がっていた。

「イェーイ ユウが勝った」

「ついにユウが勝利した。カブスに残ってね」

「ユウ、素晴らしいスタートだ」

「ユウ(ユー/あなた)は素晴らしい! 勝利おめでとう

「ユウのリグレーフィールドでの初勝利だ!!!」

「ユウは勝利を勝ち取った。でももっと前に起こるべきだったけど」

「ユウがまたいいパフォーマンスをした。時間の問題だったんだ」

「今日球場にいたけど、みんなが、ユウウウウウウウって叫んでた! レッツゴーカブス

おめでとうダルビッシュ

「ユウ、やっとだね」

「やっと勝てた。ついに打線が台無しにせず、彼をサポートしてよかった」

「ユウウウウウウウ!」

 後半戦は2試合連続で無失点スタートと完全復活ともいえる内容を見せているダルビッシュ。ここまで3勝と勝ち星に恵まれていないが、ここからの巻き返しに期待がかかる。(Full-Count編集部)

本拠地レッズ戦に先発登板したカブス・ダルビッシュ有【写真:AP】