NVIDIAは、AR向けディスプレイプロトタイプFoveated AR」を発表しました。このプロトタイプでは、これまでのARデバイスよりも広視野で高解像度ディスプレイを実現しています。Foveated ARは、アメリカロサンゼルスで、現地時間の2019年7月28日から8月1日にかけて開催されるSIGGRAPHにて出展されます。

広視野角を実現する「Foveated AR」

「Foveated AR」は、アイトラッキング(視線追跡)機能を搭載した、プロトタイプのARグラスです。NVIDIAは、「Foveated AR」を紹介する動画の中で視野の広さを示す視野角は180度程度とし、「Foveated AR」では水平85度×垂直78度(=対角は115度程度)と視野角が100度を超えている、と謳っています。

「Foveated AR」の視野角は、HoloLens 2(対角52度)やMagic Leap(対角50度程度と推測)など、現行のAR/MRデバイスよりも4倍程度以上広くなり、Oculus RiftHTC VIVEなどのVRヘッドセットを装着しているときの視野の広さに近いARが実現することを意味します。

さらに、アイトラッキングを使うことで、動的な中心窩レンダリングフォービエイテット・レンダリング)が実現。高解像度で現実になじんだ表現が可能になります。

「Foveated AR」には2枚のレンズが搭載されています。1枚が中心視野部分にある凹面型のハーフミラーディスプレイマイクロOLEDを使用)と周辺視野部分が広い視野角のディスプレイ(HOE、holographic optical element)です。

アイトラッキングに従って機械式のスライダーがHOEとマイクロOLEDを横方向に動かして、適切に合わせます。

これらのシステムを実装した結果、「Foveated AR」は現行の各種ARグラスと比較してより広範囲のFOVと高い解像度を実現している、とのこと。また本プロトタイプの存在は、NVIDIAフォービエイテット・レンダリング技術の進歩を示していると言えます。

https://www.youtube.com/watch?v=IknBUoRGUkM

Prescription ARについて

NVIDIAは、「Foveated AR」と合わせてもう一つのプロトタイプ「Prescription AR」を発表しました。こちらは、重さ約50g程度でレンズが5mmと薄型のARデバイスです。ARコンテンツを起動中に利用者の眼の焦点を補正するためのイメージコンバイナーが実装されています。レンズの素材はプラスチックが使用されています。

https://www.youtube.com/watch?v=4JnO6X0PQ4E

(参考)Next RealityUploadVR