ラース・クレヴバーグが監督を務めるホラー映画『ポラロイドが7/19より公開。なんとも不気味シーンを切り取った本編映像が解禁となった。

本作は、同日公開のリブート版『チャイルド・プレイ』でも監督を務めるクレヴバーグが、自身の短編をハリウッドで長編化したもの。

主人公高校生・バードがアンティークショップで見つけたポラロイドカメラで友人たちを撮影すると、写された友人たちが次々に死んでいくという奇妙な事件が相次ぐ。果たして、死んだのはカメラのせいなのか? 

このたび解禁となった本編映像は、問題のカメラに対し疑心暗鬼になったバードと友人たちが学校のカフェで話し合っているシーンから始まる。話がヒートアップするうち、次第に口論になったコナーとデヴィン。カメラをめぐって揉み合ううちに誤ってシャッターを切ってしまい――。

カメラから吐き出された写真にはデヴィンの顔が浮かび上がる。すると、これまで別の写真に映り込んでいた不気味な“黒い影”がデヴィンが写る写真に移動するという奇怪な現象が……。“次に死ぬ番”がデヴィンに変わった瞬間を確かに目撃する4人。恐怖と苛立ちにより、逆上したデヴィンはカメラを取り上げ次々と友人たちに向ける。恐怖を前に友情は壊れ落ち戦慄が走る――。この4人は一体どうなってしまうのか? 続きはぜひ劇場で。

『ポラロイド
7/19(金)ヒューマントラストシネマ有楽町、渋谷シネクイントほか全国順次ロードショー

(C) 2017 Dimension Films

記事中の画像やリンクがすべて表示されない方は『ホラー通信』掲載の元記事をご覧ください – https://horror2.jp/

―― 表現する人、つくる人応援メディアガジェット通信(GetNews)』
“不気味な影”が写真のなかで移動する 撮ると死ぬカメラをめぐるホラー映画『ポラロイド』本編映像[ホラー通信]