top


 パッと見何かのコラとしか思えない絵面だが、海の中にはこんなに育っちゃうクラゲもいたりする。

 今月半ばイギリスコーンウォールの海岸沖で、とんでもなく巨大なコクカイビゼンクラゲ(バレルクラゲ)が見つかった。

 ダイビング中にこの個体に遭遇した生物学者によると「自分とほぼ同じくらいのサイズで、過去に会った個体の中で一番大きかった」という。

 専門家の度肝を抜いた巨大クラゲ。思わず息をのむジャイアントボディの映像がこちらだ。

―あわせて読みたい―

巨大クラゲをタクシー代わりに利用するカニ
痛いよ怖いよ死んじゃうよ。刺されたら危険なクラゲ、トップ5
刺されないから安心。クラゲ大量地獄の中に身を投げたい人の為のパラオ、ジェリーフィッシュレイクのクラゲ天国
すごくかっこいいぞ。スペインにいる神秘のクラゲ
最初から塩味付いてるし。ヘルシーおいしいパリっと食感のクラゲから作る「クラゲチップス」が開発される

Jellyfish as big as a human spotted off Cornwall coast

生物学者が遭遇!巨大コクカイビゼンクラゲ

 コーンウォールの沿岸で型破りに大きなクラゲに遭遇したのは生物学者のリジー・デリーさんだ。

スクリーンショット-(1641)

 このクラゲを発見した時、彼女は思わず息をのんだという。

 コクカイビゼンクラゲが巨大になるのは知っていたものの、この個体は想像を絶する大きさだったのだ。

スクリーンショット-(1643)

 このクラゲは現地でバレルジェリーフィッシュ(barrel jellyfish)と呼ばれる。バレルとは樽(たる)を意味するが、確かに大きな樽のように見えなくもない。

イギリス近海で最大のクラゲ

 イギリス近海でみられるクラゲの最大種とされるコクカイビゼンクラゲは、傘が直径90cmに達する個体も時折見られる。

スクリーンショット-(1640)

 このクラゲは春が終わる頃に暖かい沿岸地域に引き寄せられ、5~6月にイギリスの浜辺に打ち上げられる。その数は数百匹にのぼることさえあるという。

 多くの人がコクカイビゼンクラゲを無害と思っているが、実際は生きている個体や死んだ個体に刺される恐れがある。なので接近は避けたほうがいいそうだ。

巨大すぎるクラゲにメディアも騒然

 リジーさんは野生生物の紹介番組の司会者でもあり、今回の記録は彼女が企画した「海の野生生物週間キャンペーン」の一部となった。

 彼女はこれまでアザラシやサメとも一緒に泳いでいるが、巨大なクラゲとの共演は視聴者にとって圧巻の光景になった。

コクカイビゼンクラゲと泳いだリジーさんのツイート


 この映像は多くのメディアに取り上げられ「イギリスの海にこんなのがいるとは・・・」「きれいだけど怖い」「やっぱエイリアン」「なんかの実験体?」といった声が寄せられている。

References:unilad / youtubeなど /written by D/ edited by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52277165.html
 

こちらもオススメ!

―動画の紹介記事―

これまでで最も精細な人間の脳のスキャン映像。MRIで100時間かけて撮影
見るだけで恋愛運がアップしそう。ピンク色のキリギリスの美しい映像(※昆虫出演中)
ほぼ毎日、自転車でやってきてじっと待つ。片目の猫と心を通わす少年の物語(アメリカ)
運動なんてしたくニャい!太りすぎた猫をルームランナーで運動させようとしたところ、全力死んだふり(アメリカ)
家賃を滞納した挙句アパートをゴミ屋敷に。怒った大家がこんな方法で報復を実行(フランス)

―水中生物についての記事―

魚卵うめぇ!深海920メートルの海底で、魚の卵をむさぼるハングリーなカニのレア映像(アメリカ)※ツブツブ注意
おいしそうすぎる?アメリカ南東部の深海でラビオリのようなヒトデを発見
またしてもタコの凄さが露呈。8本の触手は脳からの指令がなくても独立して意思決定ができる(米研究)
シャチの情けか?気まぐれか?それともお腹がすいていなかった?シャチとイルカが仲良く一緒に泳いでいた件(アメリカ)
これはでかい!巨大ガニ「ノコギリガザミ」を泥の中から捕獲!(オーストラリア)
これは貴重体験!巨大クラゲに遭遇!一緒にランデブーしたダイバー(イギリス)