『女子高生の無駄づかい』1話上映会が、2019年7月12日ニコニコ生放送にて放送された。

 ここでは、本放送のコメントデータを抽出し、とくに盛り上がっていたシーンTOP3を紹介していく。

(画像は『女子高生の無駄づかい』の公式サイトより)

『女子高生の無駄づかい』第1話盛り上がり指数TOP3

女子高生の無駄づかい』第1話上映会におけるコメント数のグラフ。

コメント盛り上がり指数:1分間あたりのコメント数からそのシーンの盛り上がり度を編集部独自に算出した数値。

1位:ロリというあだ名が似合いすぎる女子登場

(画像は「女子高生の無駄づかい」1話上映会より)
(画像は「女子高生の無駄づかい」1話上映会より)

 もっとも盛り上がったのは、咲久(ロリ)が廊下で注目を浴びるシーン①08:18~08:23)

 出会いを求めて、さまざまな女子にイケメンを紹介してほしいとお願いしていく望(バカ)。

 そんな彼女が次に絡もうとしたのは、低身長でかわいい!」と注目を浴びていた咲久(ロリ)だった。

 初登場となった咲久(ロリ)の可愛さにかわいい」「ぺろぺろ」「ちっちゃくない」コメントが数多く投下された。

2位:クラスメイトのあだ名がどれもバカっぽい

(画像は「女子高生の無駄づかい」1話上映会より)
(画像は「女子高生の無駄づかい」1話上映会より)

 2番目に盛り上がったのは、望(バカ)がクラスメイト全員のあだ名を公開するシーン②10:20~10:26)

 クラスメイトイケメンを紹介してもらうにあたり、パッと見の印象から勝手にあだ名を付けてしまう望(バカ)。

 彼女の命名というだけあってか、“ロリ”、“マジメ”、“ヤマイ”など簡潔なうえに独特なあだ名ばかりが名簿に記載されていた。

 お手製のあだ名名簿に目を通した視聴者「やまいw」「ロリ」「サムライなどのコメントを書き込んでいた。

3位:学校とは違い笑顔が眩しいロリ

(画像は「女子高生の無駄づかい」1話上映会より)
(画像は「女子高生の無駄づかい」1話上映会より)

 3番目に盛り上がったのは、望(バカ)がショッピングモールで咲久(ロリ)を目撃したと語るシーン③12:21ごろ)

 廊下で咲久(ロリ)に絡んだ望(バカ)は、先週の日曜日に彼女をジャスコで見かけたことを伝え出す。

 そこで見た咲久(ロリ)はお婆ちゃん相手に屈託のない笑顔を見せていたようで、彼女の眩しい笑顔が画面に映し出されていた。

 幼女へ退行したかのような可愛い姿に「ロリ」「かわいい」「ジャスコといったコメントが送られた。

▼第2話は7月19日23時より放送▼

「女子高生の無駄づかい」2話上映会

―あわせて読みたい

暑い日は冷房の効いた部屋でアニメを観よう! オススメ2019夏アニメ10選