2019年7月18日、韓国ではサンケイ新聞ソウル支局に、2人の男が侵入し、支局内を撮影し警察に逮捕されるなど、異常な事態になっている。

 中央日報が冷静な報道をすれば、政府から非難される。本来新聞は真実だと思われることを伝えるのが使命だが、韓国では国への忠誠と忖度を強く強制されるようだ。

 無知な韓国国民が反日で狂乱するのは、政府の日本隠しで、正しい情報を知らない人が多く、韓国の国際的な立ち位置を勘違いするように誘導しているためだ。

 専門家は『フッ化水素など日本の輸出管理強化(特別な優遇措置の対象国から除外し2003年当時の個別審査に戻すだけ)がよほどショックだったのでしょう。狂乱がエスカレートしています。

 安倍総理が、文在寅政権を信頼できないと発言したのは普通の事です。「和解・癒やし財団」の解散や、海上自衛隊哨戒機に対する火器管制レーダー照射事件、いわゆる徴用工問題、天皇陛下への侮辱発言など、常軌を逸した反日行動を推進してきました。

 康京和(カン・ギョンファ)外相は、7月10日アメリカのポンペオ国務長官に日本の韓国に対する輸出管理強化は「韓国企業の被害だけではなく、アメリカ企業はもちろん、世界の貿易秩序にも否定的な影響を及ぼす」と伝えたところ、韓国はポンペオ氏が「理解を示した」と大きく韓国メディア向けに伝えました。確信犯です。真実は「同意は得られなかったが、韓国の見方を話したが強く叱責されなかった」程度だと推測できます。国際的に信用が下がり孤立してしまう要因の一つです。創作習慣が根底にあります。

 韓国側は7月12日に開かれた東京での日韓会合でも「原状回復と撤回を要請した」と韓国メディアに空港で発表しました。ところが、原状回復と撤回要求はなかったと、日本の経済産業省は否定しています。なぜ、直ぐにバレる嘘をつくのか、話を創作するのが韓国のお家芸と言えそうです。

 7月15日には、文大統領は「日本経済により大きな被害が及ぶことを警告する」と発言。多くの日本人は稚拙さに笑ってしまった人が多かったです。「日本に警告する」とは、オタオタシテいる状況での強がり、「認知症・痴ほう症」悪化説は、本当のようです。韓国内で結束して日本を叩こうと行動する文大統領裸の王様・お山の大将状態で内部から崩壊しそうです』と説明する。

韓国の国旗