子どもたちの読書離れが進む今、一冊を読み切れた試しがない…。というお子さんも少なくないのではないでしょうか。そんなお子さんにとって夏休みの大敵と言えば、そう、読書感想文!「読み終わるまでに時間がかかるから、今のうちから読んでおこう」がもし出来なくても大丈夫!本が苦手な子でも一話5分でスラスラ読める!興味の持てる一冊に出合える可能性も広がる!子どもの地頭を育てる一冊が、またまた重版決定となりました!

 国語力が全科目の基礎学力になり、人間力向上にもつながるということは、周知の事実となってきています。『12歳までに読みたい名作100』は、麻布中学校高等学校教諭の中島克治先生が監修した一冊。読書の楽しさに気付き、習慣化することによって子どもの地頭が鍛えられ、国語力が上がるような内容になっています。

 本書は、12歳までにぜひ読んでもらいたい名作100作品を選定。低学年向け・中学年向け・高学年向けに分けて、代表的なエピソードを軸に、各作品2ページで楽しめるようにまとめました。難しい言葉には語句説明が付いているほか、解説や作者情報も載っているので理解度がグンとアップアニメ風の挿絵もあり、親しみやすさも工夫しています。
そして、物語の最後に“オススメ図書”を紹介。次の一冊に繋がるので、普段触れることない言葉や単語に触れられるチャンスも増えます!

 巻末には中島先生が自ら選んだ『ブックリスト305』を収録。いろいろな本を知るきっかけになる読書入門に、まさに最適な一冊です。


作品例

低学年向け(21話)
・ピノッキオの冒険
長靴をはいた猫
蜘蛛の糸  など

中学年向け(39話)
・少女ポリアンナ
・若草物語
坊ちゃん   など

高学年向け(40話)
・星の王子様
風と共に去りぬ
人間失格   など

【監修者情報】
中島 克治(なかじま かつじ)
1962年東京生まれ。東京大学文学部卒業、博士課程に進んだ後、母校である麻布中学校高等学校国語科教諭に。精力的に読書指導を行い、人間的な成長における読書の重要性を伝えている。著書に『小学生のための読解力をつける魔法の本棚』『本物の国語力をつけることばパズル入門編/初級編/中級編』(小学館)など。

【書籍情報】
12歳までに読みたい名作100
出版社 : 株式会社新星出版社 / 監修者:中島克治 / 定価 : 本体1500円+税  / 判型など :A5判 :288ページ  / 初版発行日2018年12月5日





【内容についてのお問い合わせ】
株式会社新星出版社
編集部  町田美津子
TEL 03-3831-4073 / Fax 03-3831-0902
E-mailmachida@shin-sei.co.jp

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社新星出版社
プロモーション部 広報担当 栗山享子
TEL:03-3831-0743
Email:koho@shin-sei.co.jp

株式会社新星出版社について】
本社:〒110-0016東京都台東区台東2-24-10
代表者:代表取締役 富永靖弘
URLhttp://www.shin-sei.co.jp/

配信元企業:株式会社新星出版社

プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ