毎週水曜17:00より,YouTubeニコニコ動画にて配信中の「GOALOUS5のGO5チャンネル」。これは,ジークレスト発の声優ユニットGOALOUS5(ゴーラスファイブ)」によるWeb番組だ。


 ユニットに所属するのは,小松昌平さん,寺島惇太さん,深町寿成さん,仲村宗悟さん,熊谷健太郎さん。彼らは世界声福(征服)を目的とし,番組をとおしてさまざまな指令に挑戦していく。先日の生放送を含めると,現在までの配信数は9回。それぞれの尺は10分ほどなので,今から知りたいという人でも十分追いつける内容となっている。

 なお,第1回〜第4回の出演者は寺島さん,深町さん,仲村さん。第5回〜第8回までは小松さん ,熊谷さんが出演している。GOALOUS5初見の人,または第4回までの内容をダイジェストで知りたい人は,以下の記事を確認してほしい。

リンク関連記事:知れば虜になる「GOALOUS5(ゴーラスファイブ)」の魅力とは? これまでの活動を振り返ってみた

 上記の記事で,GOALOUS5の目的やメンバーの個性,第4回までの活動内容を確認できたと思う。ここからは,第5回から第8回までの見どころを,ピックアップしつつ紹介しよう。

■第5回

 「GOALOUS5のGO5チャンネル」5回めの配信にして,初めての登場となった小松さんと熊谷さん。これまでとちょっと異なるのは,プロンプター(カンペ用のモニター画面)が導入されたこと。彼らの活動が順調なため,予算が増えたらしい。今後の活動次第では,さらにアジトがグレードアップしていくかも?

 また,小松さんと熊谷さんは1回めの出演ということで,趣味や特技を発表することに。小松さんは,パンチパンチからの旋風脚(回し蹴り)という得意のアクションを披露してくれた。熊谷さんは,「プロレス△¥●&?#$」からの「イヤアアオオオオオー!!」と,あるプロレスラーを知っている人にしか分からない気合いのひと言を放った。熊谷さんの趣味はプロレスで,「イヤァオ」の意味については,そのプロレスラーいわく,自分自身で考えるものなのだという。

ムービー(※4Gamerへジャンプします)

GOALOUSポイント
荒れ狂うゴーラスブルー,知的ポジションを目指すゴーラスグリーン
 ときおり,音量注意な声量を発揮する熊谷さん。キャラが定まっていないため,どのテンションでいこうか迷っているのだ。小松さんは荒れ狂う熊谷さんを静かに見つめ,このメンバーに足りないという知性を自ら補っていくようなスタンスを見せる。しかし,やはり小松さんもまだ定まっていないようで……?

GOALOUSポイント
ツッコミ役がいないことへの一抹の不安がよぎる
 番組冒頭から,小松さんは恐ろしい事実に気づく。GOALOUS5メンバーの中に,“ツッコミ役が誰1人いない”ということに……。ここは熊谷さんの言うとおり,視聴者も覚悟を決めて,ボケを受け入れていこう。


●組織の下級戦闘員よりコメント
 2人の初めての作戦を見ていただき,5人が集合するのがますます楽しみになったと思います。5人集合した生放送アーカイブで視聴することができますし,24日からの5人での作戦にもぜひご注目ください。


■第6回

 小松さんが一人称を「私」で統一することを宣言した第6回では,いよいよ2人も首領からの指令に挑戦していく。今回は,熊谷さんのプロレス趣味にちなんで,“組織のオリジナルマスク”を作ることに。GOALOUS5戦闘員たちが,これからイベントなどで着用する可能性を秘めたマスクなので,慎重に作らなければならない(?)。

 黙々と作業した結果,それぞれの個性が際立ったものが完成した。熊谷さんは,ルチャリブレ(メキシカンスタイルプロレス)をイメージした本格派のマスクを制作。対する小松さんが作ったのは「環境破壊を訴える怪人」という,触手が付いたマスクだった。悪の組織にふさわしいような,そうでもないような……。今後,活用される日はくるのだろうか。

ムービー(※4Gamerへジャンプします)

GOALOUSポイント
ゴーラスブルー先生のちょっとした雑学
 シングルタスクという言葉を知っているだろうか。1つずつタスクを処理することをシングルタスク,同時に複数の作業をすることをマルチタスクというのだ。覚えていて損はない!(たぶん)ちなみに,熊谷さんと小松さんはシングルタスク派のようだ。


GOALOUSポイント
見た目よりもずっと恐ろしい怪人マスクの攻撃性
 小松さん作のマスク「環境破壊を訴える怪人」は,どんな攻撃をするのかという話題に。その方法がなかなかにえぐかった。まず触手を使って森の中に誘い込み,光合成をしていると見せかけて酸素を出さない。連れ込まれた者は無酸素状態となるとのこと。恐ろしく,そして極めて悪っぽい。


●組織の下級戦闘員よりコメント
 GOALOUS銃に続いて,アジトにマスクが追加されました。組織の戦闘員は今後着用するかもしれません。


■第7回

 七夕前に配信された第7回。短冊を準備してきた2人の願いごとはもちろん,「世界声福」だ。そんな彼らが今回挑戦するのは,小松さんの得意なアクションを活かして,技を繰り出すかっこいい映像を撮影するというものだった。


 ゴーラス一般戦闘員を相手に,小松さんはボディーブロー,熊谷さんはプロレス技をかける。続いて旋風脚,ドロップキックなどを披露した。それらの映像をスロー再生で確認し,いい映像が撮れたところで指令コンプリートである。どんなかっこいい映像なのかは,番組を確認してほしい。

ムービー(※4Gamerへジャンプします)

GOALOUSポイント
ゴーラス一般戦闘員,儚く散る
 さまざまな技をかけられる,ゴーラス一般戦闘員。うまくいけば,幹部への昇格も夢ではない。そんな甘い言葉を受け,彼(?)はどんな技にも耐え抜いたのだった。彼の処遇はいかに……?


GOALOUSポイント
ゴーラスグリーンの華麗な旋風脚を見よ
 第5回で披露した,小松さんの旋風脚がここでもさく裂。しかも小松さんはこれまで旋風脚で何かを蹴ったことがなかったようで,今回がまさかの初キックだったそうだ。知的キャラを保っていた小松さんも,思わず気合いのこもった声が出ていた。


●組織の下級戦闘員よりコメント
 ゴーラスブルー、ゴーラスグリーンの繰り出す技が素晴らしく,実際に技を近くで見ていた下級戦闘員たちからも感嘆の声があがっていました。


■第8回

 風鈴の音色で,夏を感じる始まりとなった第8回。世間では,タピオカを飲む「タピる」が流行っているため,タピオカが品薄になっているらしい。そこで今回の指令では,タピオカではなく別の物で代用して,「タピオカ風ドリンク」を作ることになった。うまくいけば,組織の資金が増やせるかも,という思惑なのだが,果たして……。

 使用されたドリンクは,2人のカラーイメージしたメロンソーダと抹茶ラテ,サイダーブルーハワイ味)。そしてタピオカの代用品として,乾燥ブルーベリーラムネ,寒天,チョコ味のシリアル,グミが用意された。寒天はともかく,ほかは不安しかない。これらの素材と混ぜ合わせるなど,番組内では色を見るだけで恐ろしいドリンクが完成していた。

ムービー(※4Gamerへジャンプします)

GOALOUSポイント
化学の時間の始まり
 ラテに寒天を入れたり,ソーダラムネを入れたり,ソーダにラテを混ぜたり,いろいろな組み合わせで新ドリンクを作る2人。仕上がったドリンクはおどろおどろしい色をしていたが,そこまで味の変化はないようで……。もっと味を変えるため,さらに素材を混ぜ始める2人なのだった。

GOALOUSポイント
配信回数が増えるにつれて彩られていくアジト
 配信を重ねるたびに,これまで彼らが取り組んできた物資などがアジトに飾られている。第7回で登場した一般戦闘員の姿も……。もしかしたら,また彼の活躍も見られるかもしれない。これからどんなアジトになっていくのか,楽しみである。


●組織の下級戦闘員よりコメント
 ゴーラスブルーとゴーラスグリーンの作戦はいかがでしたでしょうか?

 まずは3人と2人に分かれて作戦を行い,5人のそれぞれの個性を見ていただきたいという首領のお望み通り,ご覧いただいた皆様にはGOALOUS5メンバーのことがお分かりいただけましたでしょうか?

 先日声福生放送を終え,新たな作戦としてテーマソングCDの発売を発表したGOALOUS5の今後の作戦に引き続きご注目ください。


 先日,5人揃っての初めての生放送が行われ,そこでテーマソングCD発売が発表されたGOALOUS5。彼らは新たなステージへ,確実に登ってきている。今度はどんな活躍を見せてくれるのか? 次の番組配信も楽しみに待とう。

リンク「GOALOUS5(ゴーラスファイブ)」公式Twitter
リンク「GOALOUS5(ゴーラスファイブ)」YouTube支部
リンク「GOALOUS5(ゴーラスファイブ)」ニコニコ動画支部


―――――――――――――――――――――――――――――
記事URLhttps://www.4gamer.net/games/999/G999905/20190717145/
→この記事を4Gamerで読む(※画像などがすべてある完全版です)

―――――――――――――――――――――――――――――
Copyright (C) 2000-2019 Aetas, Inc. All rights reserved.

世界声福(征服)を目的とするWeb番組「GOALOUS5のGO5チャンネル」。その活動を再び振り返ってみた