【動画はこちら】

京都アニメーション」放火事件に関する動画でユーチューバーが炎上しています。

2019年7月18日午前10時半すぎ、京都市・伏見区のアニメ製作会社「京都アニメーション」のスタジオが放火され33人が亡くなった事件で、「京都アニメーションを燃やした男は悪くない」と主張する動画を投稿した男性に批判が殺到しています。

男性は動画で「これは正当防衛。彼が作ったアニメ京都アニメーションがパクった」と憶測の域にしかないことを、さも事実のように語っています。

まだ事実関係は明らかにされておらず、放火した男がどのような動機で犯行に及んだのかなどは分かっていません。

動画には「ネタでも許されない」「いくらパクられたとはいれそれが理由にはならない」「笑えないなど批判のコメントが寄せられています。

このユーチューバーの発言が事実ではなく、勝手な憶測であることを認識して欲しいです。

【動画はこちら】

「京都アニメーションを燃やした男は悪くない」という動画を投稿したユーチューバーが炎上!「ネタでも許されない」