代替テキスト
(写真:ロイター/アフロ

米国の人気コメディアンジョージロペスが、初対面の軍人とその家族に、一生に一度の素晴らしい瞬間をプレゼントした。

ロペスInstagramに、生まれたばかりの赤ちゃんと共に幸せな笑顔を向ける夫婦の写真を投稿。目を潤ませている男性は、ロペスが偶然出会った軍人だ。

17日、ロペスは空港のバーに入った。カウンターの並びの客に写真撮影を頼まれて応じた後、隣に軍服を着た男性が座っていることに気が付いた。「いつもありがとうございます。これからどちらへ?」とロペスが話しかけると、男性は「第一子が生まれるので休暇を取ったのですが、その前に報告に行かなければならなくなってしまって。もう1枚チケットを買う余裕はないから、バスで行くことにしたんです。もう出産には間に合いませんね」と答えたのだそう。

そこでロペスは、チケット代をプレゼントしたい、と申し出た。「本気ですか?」と訊かれ、「今まで僕が本気だったことなんてないよ」とジョークを飛ばしつつ、チケット代金を手渡した。

その後、無事飛び立った男性から送られてきたのが前述の写真だ。

「国のために尽くしている人に会ったら、彼らの奉仕に一言感謝を述べる時間を取ってほしい。なぜなら、彼、彼女らの勇気なくして我々は賛成もしくは反対する自由を謳歌できないのだから」と、日々国を守るために戦う人々への敬意を払うことを促した。

最後にロペスは、「彼の目を見てよ。これぞプライスレスだ。最高の取引をしたよ」と結んでいる。