関東各地で真夏日 この先も蒸し暑い

画像

梅雨前線や台風5号の影響で、西~東日本の広い範囲で雨が降っていますが、関東地方ではきょう(19日)の日中、日差しの覗く時間帯もあり、梅雨の晴れ間となりました。

関東地方では日差しによる昇温に加え、南から暖かく湿った空気が流れ込んだ影響で、午前中から気温はグングンと上昇し、多くの地点で真夏日となっています。

埼玉県・鳩山では33.5℃と、14時時点の全国で最も高い気温を記録し、非常に蒸し暑い一日となりました。東京都・東京でも31.4℃と、6月28日以来の真夏日になりました。

■きょうの最高気温(19日14時時点)
東京都  千代田区   東京  31.4℃ 最も暑い時期を上回る
埼玉県  比企郡鳩山町 鳩山  33.5℃ 最も暑い時期を上回る
神奈川県 横浜市中区  横浜  30.1℃ 7月下旬並み
千葉県  千葉市中央区 千葉  30.0℃ 7月下旬並み
群馬県  伊勢崎市   伊勢崎 32.1℃ 7月下旬並み
栃木県  佐野市    佐野  32.6℃ 最も暑い時期を上回る
茨城県  水戸市    水戸  31.8℃ 最も暑い時期を上回る

今夜も気温が下がりにくく、また湿度も高いため、引き続きムシムシとするでしょう。冷房などをうまく活用し、体調管理に努めてください。

この先、関東地方は雲が広がりやすく、日差しは届かないものの、暖かな空気が流れ込みやすいため、蒸し暑い日が続く見込みです。真夏日になる所もある予想ですので、熱中症などの対策はしっかりと行ってください。

関東各地で真夏日 この先も蒸し暑い