サッカー元日本代表の本田圭佑(33歳)が7月19日Twitterを更新し、吉本興業マネジメント契約を解消した雨上がり決死隊・宮迫博之(49歳)についてコメントした。

本田はこの日、Twitterで「宮迫さんとは会ったこともないし、ニュースを見てるだけで真実も分かってないけど」と前置きした上で、「何がそんなに悪いんですかね?良い事とは言えないのはわかるけど、長い間、多くの人を笑顔にしてきて、それがなかったことになるような大袈裟な事じゃないでしょう」とツイート

そして「責任取って辞めるって文化もよく分からんし」と続けている。

吉本興業は19日、「宮迫博之(雨上がり決死隊)、マネジメント契約解消のご報告」を発表。「宮迫博之は、既に報道されている反社会的勢力の主催する会合に出席していた件により謹慎中でしたが、弊社といたしましては、諸般の事情を考慮し、今後の宮迫博之とのマネジメントの継続に重大な支障が生じたと判断し、上記決定に至りました」と説明した。

宮迫を巡っては、従来の“闇営業”問題に加え、19日発売の写真週刊誌フライデー」が、7億6000万円相当の金塊を強奪した犯人との同席写真を報じている。