演芸番組『笑点』などで知られる落語家三遊亭円楽さんが、2019年7月19日脳腫瘍と診断されたことを公表しました。

所属事務所の公式ウェブサイトでは、円楽さん本人は療養のため約3週間入院するものの、「日常生活はこれまでとまったく変わらず行える状況」とのこと。

同日お昼から放送された情報番組『情報ライブ ミヤネ屋』では、円楽さん脳腫瘍公表のニュースを紹介。

この日の放送のコメンテーターとして出演していた、お笑いタレントガダルカナル・タカさんは「悪いところを全部治して、しっかり休んでほしい」とエールを送っていました。

すると、放送を見ていたのか、円楽さんの息子である会一太郎(あい・いちたろう)さんが、自身のTwitterを更新。その内容が、多くの人の笑いを誘っています。

円楽さんにとって、『腹黒キャラ』や『悪口』はいわば代名詞のようなもの。『笑点』では、円楽さん自身はもちろん、ほかの出演者がたびたびネタにしては、観客の笑いを誘っています。

息子の一太郎さんも、そうした父親のキャラを理解しているのでしょう。

「悪口と腹も直さないとなんで、3週間じゃちょっと…」と父親顔負けの皮肉で返す一太郎さんに、「さすがすぎる」とのコメントが寄せられています。

なお、円楽さんは8月上旬までの仕事は休み、その後の復帰は治療の状況を見て検討していくとのこと。復帰した際には、愛のある悪口で笑わせてほしいですね!


[文・構成/grape編集部]

出典
@aiichitaro