デュクシ(でゅくし)とは、パンチなどで攻撃する際の効果音を言語化したもの。2ちゃんねる(現:5ちゃんねる)界隈では「オウフ」とセットにされることが多い。

意味

パンチなどで攻撃する際の効果音を言語化したもの。

男子小学生ヒーローごっこなどの際に、相手を攻撃しながら「デュクシデュクシ!」と言うのを聞いたことはないだろうか。
音を口に出したり文字で表現したりすることを指す、いわゆる「オノマトペ」の一種である。
2ちゃんねる(現:5ちゃんねる)界隈では「オウフ」セットにされることが多い。

元ネタはあの番組とあのゲーム?

デュクシ」が広まるきっかけになったとされているものは複数あるが、有力なのは下記の2つ。

1つは1988年に放送を開始したバラエティ番組とんねるずのみなさんのおかげでしたで、木梨憲武が頻繁に口にしていたから、という説。
もう1つは、1991年に登場し日本で大ブームとなったゲームストリートファイターIIの打撃音が「デュクシ」として子どもたちに広まった、という説である。

攻撃音のオノマトペは「バキ!」「ドカ!」などがマンガにもよく登場し一般的だが、「デュクシ」も“男子が一度は使ったことがある言葉” として有名なようだ。
いつか、大人にはまったくわからない擬音語だらけのヒーローごっこが誕生するかもしれない。

デュクシ(でゅくし)