最近は100円ショップなどでも、おしゃれな手ぬぐいが販売されていますよね。手ぬぐいとは木綿(もめん)でできた、90cm×35cmほどの大きさの布のことです。本来は手や体などを拭くものですが、用途はそれだけに限りません。

拭く

手ぬぐいの基本的な使い方は、その名の通り、手などを拭くことです。手ぬぐいをハンカチ代わりに持ち歩いてもよし。半分に切っておき、来客時におしぼりとして出すのもしゃれています。おもてなしセンスが高そうに見えますし、ウエットティッシュの消費量も減って一石二鳥です。

台拭きや食器拭きとしても使えます。たくさん用意しておき、湿ったり汚れたりしたら洗濯機に入れ、新しい手ぬぐいを使えば衛生的です。手ぬぐいは薄いので、たくさんあってもかさばりません。カゴなどにまとめておくと、おしゃれに見えます。ボロボロになったら、雑巾にもできます。

包む・覆う

手ぬぐいは、何かを包んだり覆ったりするのにもってこいです。包み方によってはお弁当包みやティッシュボックスカバー、ブックカバーにも変身します。

他にも……

料理に

手ぬぐいは料理道具としても活用できます。液体を濾(こ)したり、水分の多い食材を絞ったりするのに便利です。

魚・肉料理の下処理の際、水気を拭き取るのにも役立ちます。手ぬぐいは、キッチンペーパーより吸水性に優れており、洗濯してしまえば臭いも気になりません。

インテリア・収納

手ぬぐいは、インテリアや収納面でも活躍してくれます。デザイン性の高いものはタペストリーにしたり、額に入れたりして飾るのもいいですね。小さくたたんで鉢植えや花器の下に敷くのも素敵です。

突っ張り棒を使って暖簾(のれん)にしたり、複数枚を組み合わせてカーテンにしたりもできます。カゴの上などにかければ、簡単でおしゃれ目隠しにもなります。

他にも……

ファッションアイテム

洗練されたデザインの手ぬぐいであれば、ファッションアイテムとして使うのもありです。スカーフ・ストールの代わりや、浴衣の半襟としても活用できます。ちょっとした暑さ・寒さ対策にも一役買ってくれますよ。

他にも……

  • ベルトの代わりに
  • バンダナの代わりに
  • 子ども手作り服の生地に

他にもこんな使い方

手ぬぐいは、他にもこんな使い方ができます。

  • アイロンの当て布(白や淡い色のものがおすすめ)
  • 旅先での浴用タオル(乾きやすいので便利)
  • いざというときに包帯の代わりとして(端が切りっぱなしなので、手で簡単にさけます)
  •  外国の方への手土産 など

挙げていったらキリがないですね! 手ぬぐいのポテンシャルを、十分にご理解いただけたでしょうか。タオルやハンカチも便利ですが、もっと手ぬぐいにも目を向けてみてください。

参考

関連画像