ゴゴ通信の元の記事はこちらからご覧ください

日本大使館テロ 容疑者を「被害者」

2019年7月19日の深夜3時頃に、韓国ソウルの鍾路区にある日本大使館が入居するビルに78歳男性が車ごとつっこみ大爆発事故を起こした。

男性の車からは、ガソリンが入っていた容器が2個、液化石油ガス20個、ライターなどが見つかり焼身自殺をはかったと見られる。男性は全身に大火傷を負い19日の昼過ぎに死亡が確認された。19日の深夜知人の車を貸して日本大使館に向い犯行を行ったが知人は放火などは一切知らなかったという。今回男性が突っ込もうとした日本大使館はいつもデモが行われている更地の方ではなく、ビルに一時的に移転している方の日本大使館となる。
事件当時警察はビルに突っ込もうとする男性を制止したが、その後に車が爆発し火災。機動隊が10分後に鎮火したが男性は大火傷を負った(後に死亡)。

この事件を巡って韓国メディアでは日本大使館に車ごと突っ込もうとした78歳男性のテロ行為を「被害者」として掲載。

いったいどういうことなのだろうか? どうやら78歳男性の義父が日帝時代に徴用工を行ってきたという。警察の捜査で容疑者の妻は「義父が生きていた時、私に自分が徴用工を行ってきて苦労したという話をしてきた」と供述。

また容疑者の義父が具体的な徴用場所や時期なども明らかになり「徴用工被害者家族」「徴用被害者」と掲載しているのだ。この容疑者は直接徴用工では無いものの義父が徴用工になったためその怨恨と昨今の反日感情から日本大使館に車ごと突っ込み放火したと思われる。ただ「被害者」と表現するのはどうだろうか。

もちろん「被害者」と表現したため、コメント欄には日本人が殺した」、「故人(容疑者)の冥福を祈りします」、「戦犯日本人が殺人者だと思っている」、「私たちは皆あの方の気持ち。同じことをしなければなりません」と、一部ではあるがとんでもないコメントが投稿されている。

関連:韓国でガソリンを撒き焼身自殺テロ発生 日本大使館に車ごと突っ込み大爆発

日本大使館テロ 容疑者を「被害者」