1907elgm


 むっくりボディに短い足、それからちょっぴり開いたお口。この猫たちの特徴的な外見は、ドワーフィズム(小人症)によるものだ。

 さまざまな原因で発症するといわれている猫のドワーフィズムは、関節や甲状腺など、健康に問題を抱えていることが多い。そのため飼育には十分な配慮と継続的な治療が必要なものの、この2匹は理解ある飼い主のもとでとても幸せな猫生を送っているんだ。

 エルフィー(妖精)とギムリ指輪物語に登場する小人の名)と名づけられた2匹の、誕生から現在までの姿をちょっと見てみよう。


 エルフィギムリの母猫、エルジーは、もともと野良猫だった。出産間近のお腹を抱えて民家に迷い込んだところ、家主は温かく迎え入れてくれた。

 そうしてエルジーが産んだのは5匹の子猫たち。そのうちの2匹が、エルフィギムリだった。

 ところが、生まれてから3ヶ月経ってもエルフィギムリだけは小さいまま。まだ母猫のミルクを飲んでいて、固い食事は摂れない状態だった。


 何らかの病気か障害があるのでは、と母猫とともに保護施設へと連れ込まれた2匹。そこで出会ったのが、ドワーフィズムに理解のある保護施設の職員--現在の飼い主だ。

 最初は一時預かりのつもりだったという。彼女はすでに、2匹の猫と2匹の犬を飼っていたからだ。


 しかし、最終的に彼女は、そのまま2匹を飼うことを決めた。


 先天的な病気を持っている2匹が、ただ「かわいい」というだけで引き取られては大変なことになる……彼女には、そんな気持ちもあったようだ。

 そうして2匹は今年、5歳になった。継続的なケアのおかげで、体こそ小さいけれど、ちゃんと元気に毎日を過ごしている。


 一度は保護主にあきらめられてしまった2匹。でも、出会うべき人に出会って、当たり前の幸せな毎日を送ることができていて、本当に良かった。


 2匹の元気でしあわせな毎日が、同じ症状に生まれた猫たちの道しるべになるといいな。
written by momo
※この記事はカラパイアの姉妹サイトマランダーから転送したものです。マランダーで前日一番人気の高かった記事を、後日カラパイアの紙面上で紹介しています。 全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52277204.html
 

こちらもオススメ!

―動物・鳥類についての記事―

クマのぬいぐるみと共に捨てられた犬。ぬいぐるみにぎゅっと身を寄せ恐怖を耐え忍び、ようやく幸せに巡り合えるまでの物語
ヒマラヤン・ラグドールミックスのオディーさんの水分摂取の姿がドラマチック
ほぼ毎日、自転車でやってきてじっと待つ。片目の猫と心を通わす少年の物語(アメリカ)
運動なんてしたくニャい!太りすぎた猫をルームランナーで運動させようとしたところ、全力死んだふり(アメリカ)
36キロの愛。飼い主が帰宅すると飛び込んでくる犬の愛情表現に関する海外の反応

―画像の紹介記事―

あのクロックスサンダルに手足が付いてクロックマンに進化していた!Twitter民がざわつきはじめる
ヒマラヤン・ラグドールミックスのオディーさんの水分摂取の姿がドラマチック
かつて一世を風靡するほど大人気だった電子ペットロボット「ファービー」が魔改造されまくっている件
閉鎖予定のショッピングモールを利用し、80年代風モールに大改造。さすがアメリカのTVドラマはお金のかけ方が違う
36キロの愛。飼い主が帰宅すると飛び込んでくる犬の愛情表現に関する海外の反応
小さい体でのびのび生きる。ドワーフィズムの猫たちの、生まれから現在まで