無死一、三塁の場面で見逃し三振→二盗失敗→本盗でトリプルプレーが完成

 米マイナーリーグで起こった世にも珍しいトリプルプレーが話題になっている。見逃し三振、二盗失敗、本盗失敗で3アウトを奪われたお粗末な瞬間をMiLB公式インスタグラムが伝えている。

 唖然とするトリプルプレーが生まれたのは、18日(日本時間19日)に行われたブルワーズ傘下2Aビロクシエンゼルス傘下2Aモービルでの1戦だった。

 モービルは初回無死一、三塁の好機を作ると打席にはウレーニャが入った。だが、外角の直球に手がです見逃し三振に倒れるとスタートを切った一走・クルーガーが盗塁に失敗。さらに三走・ジョーンズも本塁を狙いヘッドスライディングを試みたが遊撃手コールドウェルが抜群の送球を見せ間一髪アウトになりトリプルプレーが完成した。

 MiLB公式インスタグラムは「よくあるいつものトリプルプレー」とジョークを交え珍しいトリプルプレーを動画で公開。絶好機からたった1球でチェンジになったお粗末プレーファンも驚きを隠せない様子だった。

「何だって」

「ひどい!」

ナイス

「酷いな」

「気に入った!」

アナウンサーは興奮してるよね」

「これは辛いな笑」

 打球がグランドに飛ばずに3つのアウトを失ったお粗末な攻撃にファンも「酷いな」「これは辛いな」とあっけに取られていた。(Full-Count編集部)

捕手が二塁に送球した後に驚愕のプレーが誕生(画像はスクリーンショットです)