bird1_e


 ベランダの手すりや室外機に設置する「鳥よけスパイク」は、その名のとおり鳥がとまるのを防ぐためのものである。

 まるで剣山のようにトゲが突き出しており、鳥の鳴き声や糞害に困っている人が活用しているのだが、中にはこの方法が効かない鳥もいる。

 知能の高いオウムとかだと、まったく効果がないどころか、鳥よけスパイクを剥がしてしまうという暴挙に出てしまうのだ。

 さすがオウム界でも賢くて有名なキバタン先輩。やることがアナーキーだ。

―あわせて読みたい―

人間に恋する人懐こいオウム「カカポ」、絶滅寸前で保護の取り組み(ニュージーランド)
そこに山があるから粉砕。荒ぶるオウムのファンキーなカップタワー崩し
ん?曲げればとれるんじゃね?賢いオウムは見たこともない道具を作りあげ餌をゲットできる(オーストリア研究)
「サツだ!ずらかれ!」警察が来ると麻薬密売人に知らせる見張り役のオウムが逮捕されるも事情聴取には一切口を割らず
オウムの犬化が加速していた。犬と一緒に犬の鳴き声で吠えに吠えまくる番犬擬態鳥(要音声)
ダンスのフォームを生み出すのは人間だけではない。14種のダンスを覚えたキバタン(オウム)の魂のムーヴ

こんなものは効かん!鳥よけスパイクを剥がしまくるキバタン

 オーストラリアブルーマウンテンズのカトゥーンバで、フェイスブックユーザーIsaac Sherring-Titoさんは、ある建物のベランダにいたキバタンの様子を撮影した。


 キバタンは、オーストラリアに広く分布する大型のオウムの一種で、鮮やかなイエローの冠羽を持ち、とても賢いことで知られている。

 何をしているのかと見ると・・・ベランダに設置された「鳥よけスパイク」をクチバシで器用に引っ張ってはがし、ポイッ!と道路に投げ捨てているだとぅ!?

bird2_e


 道路上にはそのキバタンが撤去してしまったのであろう「鳥よけスパイク」がわんさかと転がっており、ヒャッハー!すべて取り外してやる!と世紀末的な気分になっていたのかそれとも趣味なのか?

bird3_e


オウムからの挑戦状なのかそれともただ楽しかっただけなのか!?


 オーストラリアのバードライフ誌の編集長、シーン・ドゥーリーさんは
無作為にただ撤去していただけなのか、それとも戦略的に撤去していたのかは分からないが、オウムは知的な鳥として知られている。そういった行為に喜びを感じていたとしても不思議ではない

と語っている。


 どうやら、アナーキーなキバタンが撤去作業を続けていたのはカトゥーンバにあるアーケード街のようだ。

 地元では悪名高いキバタンで、買い物客のバッグから食べ物を盗んだり観光客にお菓子をねだったりとやりたい放題なのだという。

 「鳥よけスパイク」くらいで鳥を避けられると思うなよ!という挑戦状なのかもしれないし、ただ楽しくてやっていただけかもしれないが、キバタンにより、多くの鳥たちの止まることができる場所が確保できたのは確かなようだ。

 ちなみに私の家のベランダにも猫が脱出しないように100均で売っているプラスチック製の「鳥よけスパイク」を窓の下の部分に設置しているのだが、うちの猫には効果てきめんで、そこから脱出することはない。このキバタンが来たら、猫が脱出できるようになっちゃって大変だぞこりゃ。

References:The guardian / Facebookなど / written by usagi / edited by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52276873.html
 

こちらもオススメ!

―動物・鳥類についての記事―

小さい体でのびのび生きる。ドワーフィズムの猫たちの、生まれから現在まで
クマのぬいぐるみと共に捨てられた犬。ぬいぐるみにぎゅっと身を寄せ恐怖を耐え忍び、ようやく幸せに巡り合えるまでの物語
ヒマラヤン・ラグドールミックスのオディーさんの水分摂取の姿がドラマチック
ほぼ毎日、自転車でやってきてじっと待つ。片目の猫と心を通わす少年の物語(アメリカ)
運動なんてしたくニャい!太りすぎた猫をルームランナーで運動させようとしたところ、全力死んだふり(アメリカ)

―動画の紹介記事―

電脳化はこの後すぐ!?脳とコンピューターを直結する「Neuralink」を来年臨床試験予定(イーロンマスク)
ショッピングモールで集中豪雨による予期せぬ浸水!動揺する人々にタイタニックを演奏するミュージシャン(メキシコ)
これは貴重体験!巨大クラゲに遭遇!一緒にランデブーしたダイバー(イギリス)
これまでで最も精細な人間の脳のスキャン映像。MRIで100時間かけて撮影
見るだけで恋愛運がアップしそう。ピンク色のキリギリスの美しい映像(※昆虫出演中)
こんなもの、こうしてくれる!鳥よけスパイクを剥がしまくる暴挙に出たオウム(オーストラリア)