ローマアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアイン(31)を買い取り義務付きのレンタルで獲得することでユベントスと合意したようだ。イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』が報じている。

メディアによればローマレンタル600万ユーロ(約7億2000万円)、シーズン終了後に2700ユーロ(約32億6000万円)を支払う契約でユベントスと合意に達したとのことだ。

一方でユベントスのプレシーズンツアーに帯同しているイグアインは残留を希望しているとされ、年俸を450万ユーロ(約5億4000万円)に下げることでユベントスに留まることを望んでいるという。

ローマインテル移籍が規定路線のFWエディン・ジェコに代わる得点源としてイグアインを望んでいるが、昨季ミランチェルシーで結果を残せず衰えを露呈したイグアインは新天地をローマに選ぶだろうか。

サムネイル画像