明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2019、川崎フロンターレvsチェルシーが19日に行われ、1-0で川崎Fが勝利した。

試合後、FWレアンドロ・ダミアン(川崎フロンターレ)がミックスゾーンでの取材に応対。決勝ゴール振り返り、「その前に2度のチャンスを逃していたので、ゴールができて良かった」とコメントした。また、かつてブラジル代表でチームメイトだったDFダビド・ルイスからチームが称賛されたことを明かしている。

◆FWレアンドロ・ダミアン(川崎フロンターレ)
——ゴールを振り返って
「その前に2度のチャンスを逃していたので、ゴールができて良かった。凄く良いゲームだった。前半から良い流れで自分たちの試合ができたし、後半もスタイルを貫くことができた。チーム全体で勝利できてよかった」

——DFダビド・ルイスとのマッチアップ
「代表ぶりで久々だったが、彼は素晴らしい選手。人間としても素晴らしい。彼はこれからも成功を収めるだろう。うちのチームを褒めてくれた」

——FW知念慶とのツートップ
「一緒にずっとやっていましたし、僕が入っても知念が入ってもチームの力になれる」

——惜しいダイビングヘッドについて
「あれはボールをかするイメージで入ったが、ディフェンスが後ろから押してきたことで、思ってたより少し前に入り過ぎて、頭にしっかりと当たってしまった」

サムネイル画像