窪田正孝主演映画「東京喰種 トーキョーグール【S】」が、7月19日に全国公開を迎え、同日東京都内で行われた初日舞台あいさつに窪田、松田翔太山本舞香白石隼也小笠原海、木竜麻生、桜田ひより村井國夫、川崎拓也監督、平牧和彦監督、サプライズゲスト女王蜂・アヴちゃんが登場した。

【写真を見る】公開日まで引っ張ったSecret出演者・新田真剣佑の場面カットも公開された

同作は、不慮の事故により人を喰らわないと生きられない喰種と、人間のハーフになってしまった金木研(カネキケン/窪田)が、悩み葛藤しながらも人間と喰種の「共存」に向けて闘う姿を描いたダークファンタジー

舞台あいさつで、窪田は2年ぶりの主人公・カネキ役について「前作でやったことが新しいキャストスタッフに受け継がれて、形を変えて、そこに新しいスパイスが加わって【S】になりました。作品が続いていくことは、役者をやっていてうれしいことだと純粋に思います」と感慨深げにコメント

月山役の松田は、パリプレミア振り返り「『ボンジュール』の一言で会場が沸いていて(笑)コスプレをしている方もたくさんいたし、すごい熱気だったのでうれしく感じましたね」と海外人気の高さにも言及した。

また、バラエティーなど今回18本のテレビ番組に出演し映画の宣伝に奔走したトーカ役の山本は「もっともっと盛り上げていけたらと思うので、皆様にお力添えをしていただけたらうれしいです!」とヒロインらしくアピールし、会場からも拍手が沸き起こった。

タイトルの【S】にはさまざまな意味が!

続いて話題は、本作のタイトル東京喰種 トーキョーグール【S】」について。

「翔太さんの【S】!」「白石の【S】」とキャスト陣も盛り上がる中、本作でプロデューサーを務めた永江智大氏によると、【S】には「Second」「Super」「Special」「Shu(月山習)」などさまざまな意味を内包していることが明かされた。

そして、喰種は自らの正体を隠し人間の世界で生きている「Secret」な存在でもあることから、登壇者が「自分だけが知っている東京喰種【S】にまつわる「Secret」=「秘密」についてトークが展開。

窪田は、カネキのマスクの制作者である喰種・ウタ役の坂東巳之助との撮影裏話について「巳之助くんは、ヘビと一日中ジャレていました!」と意外なギャップを明かした。

平牧監督は、松田演じる月山が「つり輪」でトレーニングするシーンについて、吹き替えなしで松田本人が実践していることを告白。

これを受け、松田は「月山にはこういうトレーニングも合っているのかなと思って」と、つり輪のアイデアは自らの提案であることを明かし、会場からは感嘆の声が上がる。

さらに、松田と山本は喰種として“実食”した際の味についての秘密を告白。松田は「劇中で食べた目玉はヨーグルト味」と答えると、山本は「カネキくんはイチゴ味でした!」と明かし、会場も盛り上がりを見せた。

続いて川崎監督、平牧監督からは、公開初日まで秘密にしてきたというとっておきの「Secret」が明かされることに。

これまで予告編でも後ろ姿ピエロマスクビジュアルしか登場せず、配役が謎に包まれていた「宗太」を、新田真剣佑が演じていることが発表された。

スタービジュアルではキャスト名が隠されていたが、熱心なファンからはSNSで早くから「新田真剣佑では?」と話題を集めていたが、いよいよ明らかになり、会場からも大きな拍手が沸き起こった。

■ 窪田「さらに続編ができるように…」

イベントの最後に、窪田は「『東京喰種』ってちょっと怖いイメージもあるかもしれないけど、ふたを開けるとすごく人間味にあふれていて、誰よりも喰種が人間らしかったりします。

生きていくことってすごく難しいけれど、それはいろんな人に置き換えられるし、いろんな見方ができる作品なので、一度ならず何度でも見ていただけたらうれしいです。そしてさらに続編ができるように、皆様のお力添えをいただけたらうれしいです!」と熱い思いを打ち明け、惜しまれつつもその場を後にした。(ザテレビジョン

「東京喰種 トーキョーグール【S】」の初日舞台あいさつに登場した窪田正孝ら