名古屋教育虐待殺人事件「中学受験で父親が息子を刺すに至るまで」 から続く

 2016年8月21日名古屋12歳の中学受験生・佐竹崚太くんが父親に包丁で胸を刺され死亡した事件で、2019年7月19日名古屋地方裁判所は、父親の佐竹憲吾被告(51)に殺人の罪で懲役13年の実刑判決を言い渡した。

 #1に続き、どういう経緯で教育虐待が生じ、最悪の結末を迎えたのかを考察する。まずは被告の妻Mさんの証言から紹介していく。

「夫が鍵を開ける音が怖かった」

 佐竹被告と妻Mさんはアルバイト先の飲食店で知り合い、結婚した。Mさんの証言によれば、職場での佐竹被告はまじめで思いやりのある性格。結婚してからも、そして崚太君が生まれてからも、暴力的なそぶりは見せていなかった。しかし崚太君が中学受験塾に通い始めたころから、次第に暴言、暴力、威嚇行為が始まり、エスカレートしていった。

 止めに入ろうとしても「中学受験をしたこともねえヤツがガタガタ言うんじゃねぇ」とキレられて取りつく島がなかった。2019年5月(犯行の約3カ月前)以降は佐竹被告に完全に無視されるようになった。「寄生虫、とっとと出て行け」と言われたこともある。以下、2019年6月24日検察側の証人としての発言の一部。Mさんはすでに佐竹被告と離婚している。

検察:事件当日の2016年8月21日、朝は何時に起きましたか?
M:いつも5時に起きます。洗濯をして朝食を用意して、崚太を起こしに行きました。
検察:それは何時ごろでしたか?
M:はっきり覚えていません。崚太はなかなか起きなくて、足の裏をくすぐって、それが最後です。崚太は「やめて」と言ってぜんぜん起きようとしませんでした。
検察:そのあと事件が起きたんですね。
M:警察から連絡があって「確認してほしいものがある」と言われて自宅に入りました。
検察:何を見ましたか?
M:リビングに落ちていた包丁、ケース
検察:それを見て何を思いましたか?
M:崚太に早く会いたかったので、なんとも思わなかった。あとから考えれば、そこは、小さいころから崚太がよく逃げていたところでした。
検察:落ちていた包丁はあなたが料理で使う包丁でしたか?
M:見たことのない包丁でした。
検察:崚太君の部屋は見ましたか?
M:はい。机の右のサイドテーブルに大きく削られたあとがありました。ノートプリントは刃物で細かく切られたあとだらけになっていました。
検察:あなたは崚太君の中学受験に賛成でしたか?
M:反対でした。
検察:被告人は帰宅してから何時くらいまで崚太君に勉強を教えていたのですか?
M:夜中の12時すぎとか、1時半とか。
検察:体力的にバテたりしませんでしたか?
M:絶対寝不足だったと思っていました。
検察:そんな状態では勉強の態度にも影響が出るのではないですか?
M:出ると思います。それであのひと(佐竹被告)はモノに当たったり、モノを投げたりしていました。
検察:崚太君は勉強したがっていましたか?
M:崚太は靴箱の中にお手玉を隠して、あのひとがいないときはそれで遊んだりしていました。2人でいるときはいっしょにゲームをしたりしました。でもときどきあのひとから電話がかかってきて勉強していない様子を察すると、「ふざけんな!」と怒鳴られました。あのひとがいると本当の崚太でも私でもなくなってしまいます。帰ってきてほしくなかった。崚太と2人だけでいるときはいつも笑ってるし楽しかった。あのひとが帰ってきて、鍵の音がガチャって鳴ると、動きが止まって、何もなかったかのように空気が張り詰めて。

 プライバシーに配慮して、Mさんが証言台に立つときはパーテーションが置かれ、傍聴席からはMさんの姿は見えないようになる。しかしそのむせび泣くような声からは悲痛な表情が想像できた。

「もう一度チャンスをくれ」と言われて、受験をやめられなかった

 Mさんの証言によれば、佐竹被告はもともと暴力的な人間だったわけではない。息子のことを大切に思っていたことも間違いない。それなのに、なぜ、このような悲劇が起きたのか。7月5日の被告人質問の一部を抜粋する。

弁護人:あなたが持っていた包丁が崚太君の胸に刺さり、死に至らしめたことは事実ですか?
佐竹被告:事実です。
弁護人:どのように刺さったのですか?
佐竹被告:一連の動作のなかでどうなったかがまったくわからないという感じです。
弁護人:死んでも構わないと思っていましたか?
佐竹被告:そ、それは絶対にありません。
弁護人:なぜ包丁を持ち出したのですか?
佐竹被告:なんとかしなければいけない感じが先に立って。
弁護人:どうしようとしたのですか?
佐竹被告:ドライブのときのことを思い出してもらうため。怖い思いを思い出させようと思いました。
弁護人:プロの家庭教師を頼むとか、自主性に任せるとか、考えませんでしたか?
佐竹被告:自主性は、考えませんでした。「教えてくれ」と言われていたので。家庭教師も考えていませんでした。
弁護人:手を引けなかったのはなぜですか?
佐竹被告:中学受験をやめるならやめる。それでいいと思っていました。でも、「教えてくれ。もう一度チャンスをくれ」と言われて、やめられませんでした。
弁護人:包丁は結局崚太君の胸に刺さってしまいました。妻に対してどのように思っていますか?
佐竹被告:申し訳ないと思っています。
弁護人:あなたは崚太君にどうしてほしかったのですか?
佐竹被告:受験をやるならやる、やめるならやめる。いい学校に無理に入ってもいいことはないことは、自分のことでよくわかっていました。どうせ中途半端になるのなら、もっといっしょに遊んだり旅行に行ったりしたかった。

生まれたときから薬剤師になるのが既定路線だった

弁護人:あなたの誇れるところはどこですか?
佐竹被告:仕事に関してはまじめってことです。
弁護人:あなたの悪いところはどこですか?
佐竹被告:視野が狭いってところはあると思います。
弁護人:劣等感という言葉はわかりますか? もったことはありますか?
佐竹被告:ないと思います。
弁護人:自分が劣っているなとかできないなと思っていることはありますか?
佐竹被告:強く思っていることはないです。
弁護人:弟と比べて劣っていると思うことはありませんか?
佐竹被告:ないです。
弁護人:後悔していることはありませんか?
佐竹被告:あまりありません。唯一、崚太のことだけです。
弁護人:崚太君のことで何を後悔しているのですか?
佐竹被告:行き過ぎた行動で死なせてしまったことです。

弁護人:どうすれば良かったと思いますか?
佐竹被告:まわりに相談したり、やめると決めたらやめれば良かった。
弁護人:やめられなかったのは崚太君のせいだということですか?
佐竹被告:“せい”ではなくて、自分がこんだけ怒ったりひどい言い方をしたりしても、「もう1回やらせてくれ。チャンスくれ」と言われて、どうしてもやめられませんでした。
弁護人:崚太君を医者にしたい夢があったのですか?
佐竹被告:崚太次第です。僕は思っていません。
弁護人:崚太君を薬剤師にしたい夢はありましたか?
佐竹被告:薬剤師も思っていません。
弁護人:薬剤師にどういうイメージをもっていますか?
佐竹被告:これといったイメージはありません。
弁護人:父親には、いつごろから薬剤師になれと言われていたのですか?
佐竹被告:生まれたときからです。うちの家はそういう路線になっていました。
弁護人:そういう家のことをどう思いましたか?
佐竹被告:どうも思わない。それが普通。
弁護人:子どものころお父さんから言われた言葉で覚えている言葉はありますか?
佐竹被告:小学校中学校のころ、一生付き合うのはどうせ大学くらいからの友達だから、いまは勉強しろと言われました。あと、国民の三大義務は勤勉だとか。
弁護人:父親の記憶は勉強のことだけですか?
佐竹被告:旅行の記憶もありますが、勉強のことが主です。
弁護人:あなたが高校生のころ、父親に対してどんな感情をもっていましたか?
佐竹被告:高校生のときは近寄るのも嫌でした。近寄っていません。

「友達は1人もいません」

弁護人:(佐竹被告自身の)中学受験勉強はいつくらいから始めましたか?
佐竹被告:4年生くらいからです。
弁護人:中学受験勉強のために諦めたことはありませんでしたか?
佐竹被告:野球部に入れなかったこと、友達と遊べなかったこと、見たいテレビを見られなかったことなどです。
弁護人:中学校に入って野球部に入りましたね。
佐竹被告:1学期の中間試験の結果がめちゃくちゃ悪くて、すぐやめさせられました。
弁護人:すごく野球をしたかったのですよね。
佐竹被告:中学に入ったら野球ができると思っていたから中学受験勉強を頑張った面はあります。
弁護人:それからあなたはどうしましたか?
佐竹被告:勉強をぜんぜんする気がなくなって、ぶらぶらするようになりました。
弁護人:高校時代、将来の夢はありましたか?
佐竹被告:ありませんでした。
弁護人:高校の友達で大学に進学しなかったひとはほかにもいましたか?
佐竹被告:いなかったと思います。
弁護人:卒業後の進路について、両親と話し合ったことはありましたか?
佐竹被告:ありませんでした。

弁護人:高校卒業後はどうしようと思っていたのですか?
佐竹被告:とにかく家を出たいと思っていました。
弁護人:そのためには親からの金銭的な支援を受けなければいけませんよね。そのことへの抵抗はありませんでしたか?
佐竹被告:あったけど、とりあえず家を出たかった。
弁護人:アルバイトは楽しかったですか?
佐竹被告:はい。草野球チームをつくったり、ビリヤードに行ったり、ボーリングに行ったり、海に行ったりしました。そのことはよく思い出します。
弁護人:いまでも付き合っている友達はいますか?
佐竹被告:いません。
弁護人:職場でMさんと知り合い、結婚しましたね。自分の家のことは話しましたか?
佐竹被告:話していませんでした。聞かれていないから。過去は過去。いまがあるならいいと思っていました。
弁護人:結婚して良かったですか? 結婚生活は楽しかったですか?
佐竹被告:崚太が小さいころは、普通の母親以上のことをしてくれました。受験が始まるまでは、楽しかった。
弁護人:自分が“負け組”だと思ったことはありますか?
佐竹被告:ありません。
弁護人:誰かから“負け組”と言われたことはありますか?
佐竹被告:オヤジに言われたことがあります。
弁護人:そのときどう思いましたか?
佐竹被告:自分の生活レベルは自分の生活レベルでいいと思いました。
弁護人:崚太君には自分のようにはなってほしくないと思っていましたか?
佐竹被告:自分のやりたいことをやってほしいと思っていました。
弁護人:崚太君には大学に行ってほしいと思っていましたか?
佐竹被告:崚太次第です。
弁護人:なぜ崚太君にはT中学校を受けさせようとしたのですか?
佐竹被告:崚太がT中学校に行きたいと言ったからです。
弁護人:現在友達はいますか?
佐竹被告:以前は年賀状をくれる友達が1人だけいましたが、事件の2年くらい前から、友達は1人もいません。

 被告人席に着席している被告人はいつもまっすぐ前だけを向いて、ほとんど表情を変えない。感情が読み取れなかった。しかし証言台に立った被告人の姿からは、いたたまれない気持ちでいることが伝わってきたと同時に、ある種の覚悟のようなものも感じられた。どうにもぬぐいようのない呪いのようなものに取り憑かれているような感じも受けた。質問には自分の言葉で誠実に答えていたが、いかんせん何事も「ゼロか百か」なのである。

「パパに憧れて、褒められたくて、認められたかった」

 2019年7月11日の法廷では、被告人の妻Mさんは以下のように述べた。

<崚太と被告しかいないところで命を奪われた。被告は話せない。だから何もわからない。

 私には被告が崚太を怒鳴りつけ、押さえつけ、突き刺した瞬間が浮かんでなりません。

 できるなら被告にも崚太と同じ思いをしてほしい。でもいちばんは、崚太が帰ってきてほしい。8月21日から止まったままです。

 被告は、崚太が自分から受験すると言い出したかのように話しますが、パパからの話を聞いて、パパに憧れて、パパに褒められたくて、パパに認められたかったからのはず。被告は「やめさせたかったが、崚太が続けたがった」と言いますが、勉強をやめたいと言えないような空気だったからではないでしょうか。ドライブレコーダーの声を聞けばわかります

 事件のあと、刃物でえぐられた机、傷ついたノートプリント、教科書を見ました。ホワイトボードには戦国武将の名前と、崚太の文字で「お願いですからT中学校に合格させてください」と書いてありました。つらくてやりきれない。

 崚太は「どうしてパパは僕を傷つけたの?包丁を突きつけたの?」と何度も思ったのではないでしょうか。自分を守ってくれるはずのパパに命を奪われた崚太はどれだけつらかったか。私はやりきれません。

 髪が抜けていると気づいた夜、どうして強く家から出ようとしなかったのか。8月末まで出ようとしなかったのか、悔やんでも悔やみきれない。このとき、刃物で脅しているなど、気づいていれば、崚太を引っ張ってでもあの家を出ていた。逃げ出せばよかったといまでも思います。

 精神科医の先生の話で、被告は記憶に蓋をせねばならぬほど、崚太を殺してしまったことによるショックを受けたとわかりました。いまも後悔しているという被告の言葉は本当だと思います。崚太が死ぬのを望んでいなかったというのも本当だと思います。でも、包丁を崚太の体に突きつけ、崚太の心臓に達し、崚太のいのちを奪ったことに変わりはありません。

 あなたは崚太の気持ちがわからなかったかもしれないけれど、崚太は間違いなくあなたの心に寄り添ったことを忘れないでください。>

 次回#3では、被告人の家族にどのような情動的やりとりがあったのか、心理カウンセラーとしての視点から論じる。

名古屋教育虐待殺人事件「何が教育熱心な父親を子殺しに駆り立てたのか?」 へ続く

(おおたとしまさ)

名古屋地方裁判所