パソコンパーツおよびスマートフォンスマホアクセサリーなどを扱うリンクスインターナショナル東京都千代田区)は、スマホ向け折り畳み式ジンバル(回転台)「MOZA Mini-SE」を、2019年7月13日に全国の家電量販店などで発売した。

専用アプリで「タイムラプス」「ドリーズーム」可能

58~88ミリ幅のスマホが装着できる。独自アルゴリズムによる3軸バランス調整、任意で指定した範囲を自動追尾する「オブジェクトトラッキング」を備える。

専用アプリMOZA Genie App」は多彩な制御のほか、「タイムラプス」「スローモーション」「ドリーズーム」などの撮影モードを備えたカメラ機能も実装。自由自在なカメラワーククリエイティブな撮影が可能だという。

付属のカメラコントロールケーブルを使用すれば、サードパーティー製のカメラアプリコントロールが可能になる。

人間工学に基づいたデザインを採用し、カメラ操作やフォロー制御、各種メニュー設定などのインターフェイスが集約され、全て親指で操作できる。

内蔵バッテリー容量は2200mAhで、約1.5時間の充電で最大8時間の連続駆動が可能。左側面に充電用USB Type-Cポートを備え、モバイルバッテリーからの給電にも対応する。またチルト軸のアーム上にmicroUSBポートも装備し、本機の内蔵バッテリーからスマホへの給電もできる。

ポータブルバッグ、USB Type-Cケーブル、ミニ三脚などが付属する。

価格は1万980円(税込)<J-CASTトレンド>

スムーズで安定した撮影をスマホで手軽に実現