ゴゴ通信の元の記事はこちらからご覧ください

宮迫博之

反社会勢力との闇営業問題で謹慎処分中だった宮迫博之さんが、またも反社会勢力とのギャラのみが発覚し、2019年7月20日付で宮迫博之さんが所属事務所である吉本興業から契約解消された。

その中には「亮と2人で本日午後3時から謝罪会見を開きます」としており会見場にはロンドンブーツ1号2号田村亮さんも出席。

会見の中で宮迫博之さんが所属事務所だった吉本興業の暴露を行い騒動となっている。

その内容とは処分前に「会見を開いた方がいいのではないか」と提案した宮迫さんと田村亮さん。」しかし吉本興業は「静観だ」言い会見を拒否。その後に全員謹慎処分になった。その後にも宮迫さんと田村亮さんで記者会見をしたいと言ったのだが吉本興業側は「ダメです」の一点張り。吉本興業の岡本社長が「おまえらテープ回してないよな? 亮ええよおまえ1人で会見していいよ。その代わり全員連帯責任でクビにするから、俺には全員クビにする力があるんだから」と言い圧力をかけてきたという。

そしてようやく吉本興業から会見していいと連絡が来た物のその書面には「宮迫博之、田村亮の引退会見」と書かれていたという。つまり会見を行うことは引退に繋がり、契約解消となるようだ。

謝罪会見から吉本興業の告発になった今回の会見。吉本興業のヤバサが浮き彫りになったようだ。当初の会見は生放送すら適わず、会社主導のものだったという。その会見が19日に行う予定だった会見だった。
しかし今回吉本興業から契約解消したことにより会社とは関係無く会見を行った。

また引退について聞かれると「この世界で30年間やってきてほかにできることがない。今は引退ということは考えられない」と引退付いては否定した。

※画像はニコニコ生放送より引用。