19日、反社会的勢力との間で闇営業を行ったとして所属事務所である吉本興業とのマネジメント契約解除が発表された雨上がり決死隊の宮迫博之が、同じく契約解消が決まったロンドンブーツ1号2号田村亮記者会見に臨み、吉本の兄貴分にあたるダウンタウン松本人志から「(当時は謹慎中だった)休んでる間、ノーギャラでも出たる」と穴埋めを約束されたことを明かした。

 記者から「先輩芸人にもウソを? どんな思いか?」と問われた宮迫は「そこに関しては‥‥(沈黙)返せるわけのないたくさんの恩を頂いている先輩方に軽い気持ちで勝手な自分の思い込みの解釈で『金をもらってない』と。(先輩たちに)お会いすることができません」と言葉を絞り出した。

 さらに「松本さんに連絡は?」と聞かれると、謹慎処分が下された際に電話を入れたことを明かし「松本さんには、全員がいくらもらったかとか、細かいことを言った方がいいと言われた。当初甘く考えていたので『そうですね』と……あんな恩義のある先輩の大事なアドバイスをちゃんと受け止められなかった。すみません」と続けた。

 それでも松本は、宮迫を見捨てなかったという。

「休んでる間、僕の出てる番組、『ノーギャラでも出たるから』と。こんなサイテーなウソをついた奴のために、ノーギャラでも出たるわと。申し訳ないです。すみません

 一部で報道されていた芸能界引退は否定した宮迫だが、松本の思いに報いることができる日は来るのだろうか。

(C)AbemaTV
松本人志、宮迫の謹慎報告に「休んでる間、ノーギャラでも出たる」 宮迫が涙で明かす