雨上がり決死隊・宮迫博之(49歳)と、ロンドンブーツ1号2号田村亮(47歳)が7月20日謝罪会見を開いた。

この会見は、吉本興業は関わっておらず、2人が主催する形で実施。スーツ姿で登場した2人は、振り込め詐欺の被害者たちに謝罪すると共に、世間やファン、関係者などにお詫びの言葉を伝えた。  

会見では、これまでの“闇営業”問題について吉本興業とのやり取りや、吉本興業の岡本昭彦社長から、会見をすれば全員連帯責任でクビにすると言われたことなどを明かしたほか、吉本興業への想いについて語られた。

宮迫は、会見内容が会社批判にもなってしまったことは本意ではないとした上で、「こんなことを言う会見がしたかったわけではないんです。僕たちは詐欺被害に遭われた方々であったり、世の中の僕らを信用して笑ってくれた人たちにただ謝罪がしたい、というだけだったんです。ただ事実を事細かくしゃべると、今のこの形になってしまっているのは、正直、不本意」「大阪人で生まれて、子どもの頃からたくさん笑わせてもらってる吉本興業18歳で入らせていただいて、こんなアホを30年間育ててくれた吉本興業に対しては、それは感謝しかないですよ。感謝しか……こんな……こんなことしたいわけないじゃないですか。すみません……」と嗚咽をもらした。

田村は「僕も本当に一緒です。宮迫さんと記者会見開きたいとずっと言ってきたことも、会社を攻撃するなんて1ミリも考えてなかったです」とし、宮迫と田村が弁護士を立てたところで会社の態度が「急に変わった」「吉本の弁護士さんとしか話せなくなった」と告白。

そして「記者会見やりたい、ネットとかで全部見られるようにしてもらえませんかと(吉本興業側に)伝えると、『いやいや、そんなんこっち側で決めるから』。僕がすごく不信に思ったのが、在京5社、在阪5社のテレビ局は吉本が株主やから大丈夫やから、と言われました。何が大丈夫よくわからないですけども、何か、僕たちが言うことが、本当の気持ちが伝わるかどうかが不安になったり、ネットのことを止めようとしたように僕は感じてしまいました。それでとても不安になったり、もともと好きだった会社なのにこういう風に変わっていくんだと」不信感を募らせていったという。