7月20日に行われた雨上がり決死隊・宮迫博之とロンドンブーツ1号2号田村亮謝罪会見の衝撃が広がっている。

 会見の冒頭、宮迫が「今回、このような大きな騒動にしてしまったのは僕の保身からくる軽率な嘘から始まっています。そのせいで後輩たちも巻き込んでしまいました。今回の騒動のすべての責任は僕にあります。本当にすいませんでした」と語るなど、ギャラの授受を認めて率直に謝罪した両者だが、謝罪以上に注目を集めているのが吉本興業による「圧力」だ。

 今回の会見について吉本興業テレビ局の関係上、『絶対に放送できない内容』のオンパレードでした。いまどの局でも『どこを流せて、どこを流せないのか』の確認に追われているに違いありません」と明かすのは在京キー局関係者。

「宮迫が明かした吉本の岡本昭彦社長による『(謝罪会見を)やってもええけど、ほんなら全員連帯責任でクビにする』との言葉もショッキングでしたが、それどころではなく『仮にニュースで流したら番組が終わってしまう』レベルの亮の証言に局の現場は騒然としています」

「在京5社、在阪5社のテレビ局は吉本の株主だから大丈夫やから」

 果たして、亮が語った「流したら番組が終わってしまう」レベルの証言とは。

【動画を見る】宮迫と田村は「衝撃発言」の数々を独自に配信していた

「彼が『吉本への不信感を抱いたきっかけ』と明かした『在京5社、在阪5社のテレビ局は吉本の株主だから大丈夫やから』という吉本側の発言です。この証言は吉本とテレビ局の“強固な癒着”をモロに示している。吉本への忖度以前に、自局のニュースで扱ったら上層部に番組ごと打ち切りにされてしまいますよ」(同関係者)

 人気芸人の口から「テレビ界のタブー」が語られる異常事態となった。

(川本みゆき)

「在京5社、在阪5社は吉本の株主」発言に「ニュースで流したら番組打ち切り」の嘆き!