モデルプレス=2019/07/20】吉本興業とのマネジメント契約が解消となった雨上がり決死隊・宮迫博之(49)と、ロンドンブーツ1号2号田村亮(47)が20日、都内で会見を実施。ここでは、2時間を超える会見の主な内容をまとめる。

【さらに写真を見る】記者会見終了後に再登壇していた 報道陣の前で語ったこととは?

◆会見までの経緯

6月7日、宮迫と田村らは特殊詐欺グループとされる反社会的勢力主催の会合へ参加していたことが報じられた。

吉本興業は書面にて19日、「弊社所属の宮迫博之(雨上がり決死隊)について、本日7月19日付けでマネジメント契約を解消しました」と発表。「宮迫博之は、既に報道されている反社会的勢力の主催する会合に出席していた件により謹慎中でしたが、弊社といたしましては、諸般の事情を考慮し、今後の宮迫博之とのマネジメントの継続に重大な支障が生じたと判断し、決定に至りました」と伝えた。

吉本は該当芸人へのヒアリングの結果、会合への参加により一定の金銭を受領していたことが認められたとし、宮迫らを当面の間、活動停止の謹慎処分としていた。

そして7月20日、当日になって2人のTwitterで会見実施を発表。各々のTwitterでも生配信された。

◆宮迫博之「全責任は僕にあります」 田村亮と謝罪

冒頭、マイクを持った宮迫は「まず今日こういった会見の場所を、機会を与えて頂き、お集まりいただいたのは、何よりも詐欺の被害に合われた被害者の方々、そのご家族、親族の方々に、とんでもない不快な辛い思いをさせてしまっていることをお詫びさせて下さい。本当に申し訳ありませんでした」と謝罪。2人で深々と頭を下げた。

続いて田村は「詐欺被害に合われた方々、親族の方々、友人の方々、本当に不快な気持ちにさせてしまい、嫌な気持ちにさせてしまい、本当に申し訳ございませんでした。僕の弱い部分のせいで、人としてだめな部分のせいで虚偽の説明をしてしまい、その言動によって不快な気持ち、不信感を抱かせてしまった方々、すべての方々、本当に申し訳ございませんでした」と陳謝。

その後、宮迫は「今回このような大きな騒動にしてしまったのは、僕の保身からくる軽率なうそから始まっています。そのせいで後輩たちも巻き込んでしまいました。今回の騒動の全責任は僕にあります。僕のせいです。本当にすみませんでした」と全責任は自身にあると説明した。

◆金銭授受に関して、虚偽発言の経緯は?

詐欺グループなどとの間で行われた闇営業問題で、当初金銭を「受け取っていない」と虚偽の説明をしていた宮迫。週刊誌記者の直撃時を振り返り「5年前くらいのことだったので、記憶がなく、写真を見て自分が写っていたのを見てもちゃんと思い出せなかった」と打ち明け、その直撃取材に対し「全員が100万円も貰える営業なんてあるわけない。反社会的勢力に知り合いなんていない」と返したという。

その記者がカラテカ入江慎也からの紹介と話していたことから、宮迫はすぐに入江に連絡し、半社会勢力と繋がっていたかを確認。つながりが無いことを確認し「じゃあ大丈夫だ」となったという。

しかしその日うちに、入江から再度連絡があり、当時「忘年会のお金を払っておいてくれ、と言ったのは記憶があった」と、金を受け取り忘年会費に当てたことを思い出したという。

ただギャラは貰っていなかったことや、「その他の人間はお車代程度だと思っていた」と、お金は貰っていないということで良いのじゃないかと判断した宮迫は「他のメンバーにも会社にも貰ってないと言ってくれ」と入江に指示を出したという。

そして当時共に金を受け取っていた田村から連絡があり、「お金のことを言いましょう」と言われたそうだが、宮迫は「打ち上げ代を出して貰っていただけだと思い込みたいという保身があった」と説明。詐欺被害のお金だということは考えず、自身の保身に走ってしまったと謝罪した。

◆強盗グループとの交遊は完全否定

加えて、金塊強奪事件の主犯格と酒の席を共にした写真も週刊誌に掲載されていたが、こちらにこの件に関しては完全に否定。

「3年前の記憶ですが、写真を撮った記憶はうっすらあります。そのときにトイレに行き、写真撮ってくれと囲まれて撮ったそれだけの写真です」と写真について説明し、当時の店長がそのことを覚えていることから「囲まれて写真を撮ったときの写真だと証明できる」と酒席を共にしたわけでは無いことを明かした。

◆宮迫博之、引退を否定

吉本興業とのマネジメント契約が解消された宮迫は、一部では引退とも報じられていた。これを受けて会見では「僕の能力でお役に立てることがいつか、何年経とうと、いつかできるかもしれないという思いがあるので、今は引退ということは考えられません」と否定した。

田村亮、会見中に契約解除報道を知る

対して、田村は会見直前に吉本との契約解消報道があった。このことを報道陣から聞かされると、「そういう風には思っていたので、さほどビックリはしていません。なぜ宮迫さんと同じタイミングじゃないのかな」と心境を語っていた。

◆宮迫博之・田村亮、相方への思い告白

それぞれコンビとして活躍する2人には、相方に関する質問も。

田村亮は、田村淳について、会見前に電話で話したことを明かし「引退をするか、契約解除かという話もしていたのですが、正直迷っていました。吉本を辞めるということはずっとやってきた淳とも、番組の関係者とも分かれるということですから」「でも僕はちゃんと自分の口で謝りたい、お金の経路を言いたい、本当の事を言いたいというのが凄く引っかかって、会見を開いている今でも契約解除になっていないのが苦しくて、淳には、申し訳ないのですが、宮迫さんと記者会見をすると、淳とコンビができなくなる。すまないと。でも本当のことがやっぱり言いたいと言いました。淳は『相談はしてほしかった』と、『でもお前が正直なことを言うのは、応援する』と言ってくれました。そして『個人的にはコンビ解散と思ってないからな』と言ってくれました」と涙した。

宮迫もまた、相方の蛍原徹について「30年、だれよりも一緒にいて、親よりも子どもよりも誰よりも長く時間を過ごして、こんなやつのためにあいつは何回も何回も頭を下げてくれてるんです。何回も数え切れないくらい、こんなダメ人間のために頭を下げてくれています。なのに、今回の騒動で電話をかけたら、『俺は大丈夫やから、こっちは大丈夫やから』としか言わないんです。だからやっぱり、申し訳ないじゃ済まないです」と声を詰まらせながら語った。

松本人志に謝罪

また、芸人仲間や相方への心境を聞かれた場面で、宮迫は「申し訳ないなんて言葉で…。すみません。付き合いが長すぎて、兄弟みたいにやってきたやつらを裏切ってしまったんです。申し訳ないとか、そんな言葉で許されるとは思っていません」と声を震わせながらコメント

先輩である松本人志に連絡したかと聞かれた際には、「最初の段階で、自分の勝手な解釈で思い込んで、打ち上げ代を出してもらっただけだと話したときに、『全員がいくら貰ったかとかそういう細かい事を言ったほう』がいいとおっしゃっていただいたのですが、とんでもなく甘く考えていたので、『そうですね』と、恩義のある先輩の大事なアドバイスを、ちゃんと受け止められませんでした。すみません」と声を絞り出すかのようにして回答。「僕が休んでいる間、僕の出ている番組に、『ノーギャラで出たるから』と、こんな最低な嘘をついたやつのために『ノーギャラで出たるわ』と優しい言葉をかけてくれました…。申し訳ないです。すみません」と松本の言葉も明かした。

◆直営業について

過去の直営業について触れられると、宮迫は「大阪時代、30年近く前は、先輩に誘われて何度か」と明かし、ギャラは「当時は5千円とか1万円とか」。田村は「同郷の地元の先輩の会社の先輩の忘年会」に行ったことがあるそうで、「帰りに5万円いただきました」と語った。

◆家族への思い

2人は家族の反応にも言及。妻が謝罪会見を開かないことを疑問視していたという宮迫は、「『させてもらえない』と言うと、『もう辞めた方がいいんじゃないか。自分のせいなんだから、後輩たちを巻き込んでいるんだから引退を考えたら』と言われていました」と回顧。大学生の息子とはあまり話を出来ていないそうで「しっかりと、話すことがしっかりできていません。というか、事の経緯をちょこちょこ言おうとすると『分かった、分かった』と離れていくので、彼がどのように考えているか…」と言葉を詰まらせた。

田村は、「『やっと言えるのか』という気持ちで、今後どうなるか分からないけれど、本当のことを言ってしっかり謝罪してきなさいと言ってくれた」と妻に背中を押されたようで、「自分の子供に見せられるような会見にしなさいと言われました」と振り返った。

吉本興業への思い

吉本興業の暴露的な内容も明かされた会見となったが、会見中、会社にどういう思いがあるかを聞かれた宮迫は、しばし考え込んだあとに「事実ではあるにしても、こんなことを言う会見をしたかったわけではないんです」と吐露。「僕たちは詐欺被害に遭われた方であったり世の中の僕らを信用して笑ってくれた人たちに、ただ謝罪したいということだったんです」と声を震わせた。

さらに「いまこの形になっているのは正直不本意なんですが、大阪人で生まれて、子供のころからたくさん笑わせてもらっている吉本興業18歳で入らせて頂いて、こんなアホを30年間育ててくれた吉本興業に対しては、感謝しかないですよ。感謝しか…。こんなこと、したいわけじゃないですか。すみません」と号泣した。

◆損害賠償について

騒動・謹慎後、出演番組にも影響しているが「一度、弁護士の話の中で、やめるというとかになったときに、そんなん(損害賠償)も発生するよ、という言い方をされたと思います」と回顧。「6月8日から会社と一緒に24日までの間、収録に行っているが、その間に『大丈夫なのか』と何度も聞いている。『今後、謹慎になったときに編集とか大変になるよ』ということを言ったので、そうなった場合はお話をしっかりさせてもらいたい」とした。

◆今後は?

会見では、今後の活動ついても尋ねられたが、宮迫は「あまりに急にいろんなことが起こりすぎて…もちろん、自分のせいでこんなことになっているので、今後のことは考えられません」と回答。田村も「僕も本当に今、この先のことは考えられないという形です。感情的になっているように見えているのは残念ですが、まず事実を伝えたいと思って、記者会見を開きました。まだ今後のことは考えられません」とした。

ファンへの思い

そして「ファンに伝えたいこと」として、宮迫が「本当に、僕のせいでこんな大騒動にしてしまって、皆さんが応援してくれている後輩たちも巻き込んでしまって、応援される資格なんかない自分に(中継を観ている人が)温かい言葉をかけてくれる人がいるのがうれしすぎる。何年かかろうが、認めてもらえるような人間になって、何かを皆さんにお届けできたらと。今はどういう方法があるのか何もわかりませんが、色んなものを償っていきたい」とコメント

田村は「正直なことを言うと、吉本の暴露みたいに思われるのが嫌だったけど、本当のことを言って謝りたかった。今後どうなるとか考えていないけれど、応援してくれる人がいるのは、生きるにあたって本当に糧になります。ありがとうございます」とした。(modelpress編集部)


Not Sponsored 記事】

宮迫博之、田村亮 (C)モデルプレス