いじめtakasuu/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

いじめに耐えられず、自ら死を選ぶ若者が後を絶たない。このほど自殺した少年はわずか14歳だったというが、その最後の瞬間を多くの「友達」が目撃し絶叫したという。

 

■多数の学校関係者の前で…

7月15日のこと、英国イングランド14歳の少年が自殺した。少年の学校へは多くの生徒が電車で通っているといい、この日の夕方も駅には約50人もの学友や学校関係者らがいたという。

しかし電車が近づくなか少年はいきなり線路に横たわり、多くの「友達」の目の前で電車に轢かれ息絶えた。この様子を目撃した多くの子供たちが絶叫。「死ぬ姿を見ちゃった」と叫び激しく動揺していたと英メディアは伝えている。

遺体のそばには遺書とみられるメモ書きが残されており、そこにはいくつかの名前、そして携帯電話ロック解除に必要なコードが書き込まれていたという。

 

■原因はいじめ…?

少年については「良い子だった」という声もあがっているが、「インターネット上で酷い嫌がらせを受けて悩んでいた」という証言も浮上している。

また「学校でも休み時間にひとりぼっちで座っていた」という声もあることから、友達関係に関する悩みを抱えていた可能性が高そうだ。

■学校側の認識

少年が通っていた学校側は、少年の悩みに全く気づいていなかったという。

関係者からは「イタズラのつもりが、失敗し逃げ遅れたのではないか」といったコメントが出ていたほか、学校は「少年がいじめを受けていたという記録は残っていない」と発表しているのだ。

 

■自殺を考えた経験は?

あまりにも若い少年の自殺に英国民がショックを受けているが、「死にたい」と心から願った経験がある人はどれほどいるのだろうか。しらべぇ編集部が全国20代~60代の男女1,332名を対象に調査したところ、27.4%が「本気で自殺を考えたことがある」と回答している。

本気で自殺を考えたことがある

少年はどれほど苦しみ死を選んだのか。自殺を目撃した生徒たちの心のケアも、急務になりそうだ。

・合わせて読みたい→中学生がマンションから転落死 いじめが疑われる事件に「また保身か…」の声

(文/しらべぇ編集部・マローン小原)

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2017年3月24日2017年3月26日
対象:全国20代~60代の男女1,332名(有効回答数)

いじめが辛すぎて? 10代少年が多くの友人らの目の前で…