吉本興業(©ニュースサイトしらべぇ

反社会的勢力との関係をめぐって、吉本興業との契約が解消となったお笑い芸人の宮迫博之が、20日午後3時から謝罪会見を開くと発表した。会見には、同様の問題で吉本興業から謹慎処分を受けている「ロンドンブーツ1号2号」の田村亮も出席するという。

■それぞれがツイッターで発表

宮迫はツイッター上で謝罪した上で、「皆様の前で、自分の言葉で事実をお伝えし、謝罪をさせてください」と述べている。

また、田村も「長い間、会見を開くことができずに、本当に申し訳ございませんでした」と苦しい胸の内をあかした。

 

■「引退しないで」との声も…

ネット上では、様々な声があがっている。

「引退しないでくださいね。 心ない事ばかり言う人もいますが復帰を望んでる人もたくさんいます」

 

「宮迫さん、事務所離れても応援してます」

 

アメトーク終わるなんて無理です。私が唯一毎週録画して見るバラエティです」

 

「やっと出てきましたか、最初から正直に、丁寧に応対しておけばここまでならずにすんだのに残念です」

 

「逃げないで頑張ってください」

 

「またいつの日かやり直せるように」

 

「反省してまた帰ってきてください」

 

テレビだけでなく、復帰する場所はあります。 まだ、人生長いから」

 

「悪いことした人を立ち直れないほど追い詰める風習が好きくないです。 多才なので反省してどこかでまた復活したったらええやん」

 

応援の声も目立つ中で、やはり最初に嘘の発表を行ったこと、そして事務所の対応が後手後手に回ったことが残念でならない。

・合わせて読みたい→振り込め詐欺グループ宴会出席の宮迫・亮が会見で号泣 吉本興業への批判の声も

(文/しらべぇ編集部・おのっち

契約解除の宮迫博之とロンブー・亮が15時から記者会見 「やめないで」の声も