先月下旬、フィリピン中部パナイ島にある冷凍食品会社のソーセージ工場で、18歳男性がミートミキサーに巻き込まれ窒息死した。男性は2週間前に同工場で働き始めたばかりで、工場は事故後に立ち入り検査に入ったフィリピン労働雇用省によって閉鎖を命じられている。『Philnews.ph』『The Philippine Star』などが伝えた。

6月22日、パナイ島イロイロ市ラパズにある冷凍食品会社「ManokanFrozen Foods」のソーセージ工場で、ジョマー・ジュンコさん(Jomar Junco、18)が、稼働中のミートミキサーに巻き込まれて死亡した。事故が起こったのは午前7時半頃で、ジョマーさんは右手を突っ込んでミキサーに巻き込まれ、そのまま頭から機械に引き込まれて動きがとれなくなったようだ。

ジョマーさんは2週間前に働き始めたばかりだったが、1人でミートミキサーを作動させて上半身がはまり込み、機械から脚だけ突き出した状態で動かなくなっているところを同僚が発見した。警察が駆けつけたのは事故発生の約1時間半後で、機械から引っ張り出されたジョマーさんはその場で死亡が確認された。

工場のオーナーは事故直後、地元メディアインタビューに「ジョマーさんを発見した従業員はすぐに機械を停止しましたが、このような悲劇が起こってしまったことは誠に遺憾です。ジョマーさんはパッキング担当で、ミートミキサーの使い方さえも分からなかったはずです」と声を詰まらせて語っていた。

警察はジョマーさんは窒息死したものとみて捜査を進めていたが、のちに工場内で死亡事故が起きたことを重くみたフィリピン労働雇用省(DOLE)が立ち入り調査を行い、工場は閉鎖に追い込まれた。DOLEは、工場が設立登記をせずに運営されていたこと、安全管理者が不在であったこと、事故発生24時間以内にDOLEへの報告を怠ったことを公表し、会社に罰金10万ペソ(約21万円)の支払いを命じた。

ちなみに工場での死亡事故は度々伝えられている。今年4月にはアメリカの食肉加工工場で35歳女性が肉挽き機に巻き込まれて死亡2017年にはロシアで製菓工場の女性従業員が煮えたぎったカラメルソースに埋もれて死亡2016年にもロシアで、チョコレート工場の女性従業員が大型ミキサータンクに転落して命を落としていた

画像は『Joemar Jungco Bugoy 2019年5月13日Facebook』『Metro 2019年6月25日付「Teenager dies after being dragged into meat mixer at sausage factory」(Picture: ViralPress)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト