名古屋教育虐待殺人事件「中学受験で息子を殺された母親の無念」 から続く

 2016年8月21日名古屋で、当時12歳だった中学受験生が自宅で父親に刺殺された事件で、名古屋地方裁判所は2019年7月19日、被告人・佐竹憲吾(51)に懲役13年の実刑判決を言い渡した(裁判の詳細は#1#2へ)。加えて裁判長は以下のように述べた。

「保護者である父親によって命を奪われた被害者の驚き、苦痛、かけがえのない一人息子を突然奪われた被害者の母親の悲しみ、嘆きは察するに余りある」
「犯行の動機、経緯を見ても、被告人は、中学受験の指導の名のもと、被害者の気持ちを顧みることなく、自らの指導・指示に従うよう、暴力的な言動から刃物へ、ナイフから包丁へ、やがては包丁を被害者の身体に当てるなど、独善的な行為をエスカレートさせていった挙げ句、本件犯行当日、被害者の態度にいらだちを募らせたすえに激高し、衝動的に犯行におよんだものと認められる」

どこにでもある『教育虐待』と同じパターン

 佐竹被告は子煩悩な父親だった。被告人自身もその弟もその父親もみんな名古屋の超進学校出身だった。崚太君が同じ学校を目指して中学受験塾に通い始めると、佐竹被告が家で勉強を教えるようになり、そのころから暴言、暴力、威圧行為が始まる。被告人自身、「受験勉強が始まるまでの生活は楽しかった」と振り返る。

 犯行当日の朝、崚太君が約束した時間に起床せず、朝食にも時間をかけ、たびたび急かしても反抗的な態度を見せたため被告人はいらだち、包丁を持ち出した。崚太君が部屋の隅に逃げ込むと、被告人は包丁で床を叩いて呼び寄せた。そして崚太君の背中に左腕を回して左肩をつかみ、右手に持った包丁を目の前にかざす。崚太君が泣き出すとさらにいらだちを募らせて、左手で口を塞いだ。気づくと崚太君の胸には穴が開いていた。被告人はあわてて崚太君を抱えて近くの病院に駆け込み、「刺してしまった」と述べている。

 これは特異なケースなのだろうか。これまでさまざまな「教育虐待」の事例を取材してきた私にはそうは思えない。むしろこれは典型的な「教育虐待」であり、これまで私が取材してきた事例との符号点も多い。何が典型的なのか。

「本人がやると言った」が危険

 まず、子どもの人生を親または親族一同が決めていること。被告人の一家はそろって名門進学校出身者であり、特に嫡男は薬剤師として被害者の曾祖父の世代から続く薬局を継ぐことが、一族の方針として決められていた。

 証言台に立った被告人の父親(78)は、「崚太は佐竹家の大事な跡継ぎでしたから、私にとっても憲吾(被告人)にとっても宝物でした」とくり返した。「跡継ぎだから宝物」という論理に、何の疑いももっていないようだった。

 言うまでもなく、子どもの人生は子どもの人生。親が子どもの人生に何らかの期待を寄せるのは決して悪いことではないが、それは親の勝手な期待である。たとえそれがかなわなくても、子どもの責任ではない。

 次に、あくまでも崚太君本人の意志で中学受験を選択し、父親・叔父・祖父と同じ進学校を目指していることにされていること。崚太君は2歳ごろから、その学校への進学を刷り込まれており、本人も本気で目指していたことは間違いないだろう。

 しかしここにこそ落とし穴が生じる。「本人がやると言ったのだから」という大義名分が、どんなにつらい仕打ちでも子どもやらせる正当性を、親に与えてしまう。「これは私のエゴではない。本人が望んでいる苦行である」と自分自身に言い聞かせ、いくらでも暴走できてしまう。

 本人が「やる!」と言っても、適当なところでとどめるブレーキ役に徹するのが親あるいは指導者の役割である。子どもが自らアクセルを踏み込むように見守り、励ますことはあってもいいが、子どもの代わりにアクセルを踏み込めば大事故につながる。

多くの親も用いる「言葉のナイフ

 そして、「勉強を教える」とは名ばかりで、実際には恐怖によって「勉強させる」ように仕向けるだけの指導だったこと。今回の事件の場合、最終的に包丁が恐怖の象徴となるが、子どもに恐怖を与えるのに刃物を持ち出す必要もない。

「あなたはダメな子だ」「家を出て行け」「受験なんてやめてしまえ」など、親が言葉のナイフを振りかざせば、子どもは簡単に恐怖に陥る。ときには文字通りの致命傷を負わせることもできる。強いプレッシャーを感じた子どもが自ら命を絶ってしまったり、重い後遺症に苦しみ続けたりすることもあるのだ。

 脅して勉強させたところで、効果は一時的。効果を持続させるためには脅しをエスカレートさせていくしかない。多くの場合は入試本番を待たずして子どもがまいってしまうのだが、仮に「志望校合格」という目的は達成されたとしても、脅され続けた子どもが受けた傷は簡単には癒えず、人生を狂わせる。

 教育虐待の加害者であり、被害者でもある佐竹被告の人生は、まさにそのことを証明している。

良い学校に入れるために不適切な教育をする矛盾

「教育虐待」とは、「あなたのため」という大義名分のもと、子どもの受容限度を超えて勉強をさせることである。その前提として、本人の意志を軽視・無視した進路設計・人生設計があり、限度を超えてまで勉強させる手段として暴言・暴力・威嚇行為が用いられる。

 佐竹被告による教育虐待はまさに型どおりなのである。

 被告人は「(息子には)自分のやりたいことをやってほしいと思っていました」と供述している。多くの教育熱心な親も同じだ。「子どもの人生は子どもの人生。自由に生きてほしい。人生の選択肢を増やすために、良い教育を受けさせたい」と本心から言う。しかし目的と手段が入れ違うと、良い学校に入れるために、不適切な教育的指導すなわち教育虐待に発展する。

「良い学校に行かないと良い生き方ができない」という非理性的な信念は現在の社会全体を呪縛している。親自身がすでに囚われていることも多い。親の役割はその呪縛を増幅して子どもに伝えることではなく、その呪縛から子どもを守ってやることだ。

「合格させられるかどうかは親の腕次第」という思考

 また崚太君の部屋のホワイトボードには「T中学に合格させてください」と書かれていたと、被告人の妻(当時)が証言している。被告人は、わが子をT中学に合格させられるかどうかは自分の親としての腕次第だと思って疑っていなかった節がある。これも多くの教育熱心な親、特に中学受験生の親に見られる思考だ。偏差値をあげる指導は塾の先生がしてくれる。一方で親が第一にやらなければいけない役割は、子どもの心身の疲れを癒やし、安心感を与えることである。

 今回の事件では、子どもを脅すため、包丁という物理的な道具が利用されたが、鉄拳制裁を多用する親もいるし、鉛筆で手の甲を刺されたという事例も私は複数知っている。暴言という言葉のナイフをついわが子に向けてしまったことがある親なら少なくないはずだ。

 ただし、怖がりすぎる必要はない。最初から聖人君子のような親はいない。親も失敗しながら、親として成長するものだ。「自分は大丈夫かしら?」と不安に思う感性をもっているのならたいがいの場合、大丈夫子どもを壊すほどひどい教育虐待にいたるのは、親に迷いがないケースがほとんどなのだ。

親の用意した檻の中で生きてきた

 加えるならば、今回の事件では、教育虐待が世代間伝播していることも、注目に値する。

 反抗期に親子が衝突し、親自身も自分のなかに非理性的信念や未熟な部分があることを自覚し成長できれば、世代間伝播は阻止できる。

 佐竹被告にも反抗期はあった。しかし父親に真っ向からぶつかる勇気はなく、避けるようにして家を出た。しかも経済的にはいつまでも親に依存していた。それが佐竹被告の精神的自立をいつまでも阻止していた一因だと考えられる。

 被告人の妻(当時)のMさんは、「パパに憧れて、褒められたくて、認められたかった」と崚太君の気持ちを代弁した。しかし私には、それがそのまま、78歳の父親に対する佐竹被告の、いまなお満たされることのない悲痛な心の訴えに重なって聞こえた。

 できれば父親を喜ばせたい。父親に認められたい。しかも父親の望む方法で。幼いころからそれが佐竹被告の人生のテーマであり呪縛なのだ。でもできなかった。かといってまったく違う自分の人生を歩むこともなく、父親の管理下に51年間居続けた。

 崚太君には自由な人生を歩んでほしいと望む一方で、潜在意識においては、崚太君の人生を利用して、自分ができなかったことを達成し、父親を喜ばせたいと思っていたのではないか。51歳になったいまでも、それしか父親を喜ばせる方法が思いつかなかったのかもしれない。それが悲劇なのである。

 懲役13年。しかしそもそも佐竹被告は、51年間、親が用意した檻の中で生きてきたのではないか。刑務所を出てから、いよいよ自分の人生を歩み始めることができるかどうか。また、佐竹被告が刑期を終えることには91歳になっているはずの、佐竹被告の父親にも、自分が子どもたちにしてきたことの意味と結果に、真摯に向き合ってほしい。

 それができなければ永遠に彼らは、自分たちのしてしまった罪の本当の意味に気づくことができないだろう。それでは崚太君が浮かばれない。

「事件の経緯を知って、吐き気がする」教育虐待当事者の憤り

 教育虐待によって一度は心をズタズタにされたひとたちを、私は複数取材して『ルポ教育虐待』にまとめた。そこに登場するある男性は、佐竹被告と同じように有名進学校に進学するも高校で中退。大学にも行かなかった。しかし「このまま家にいたら自分が危ない」と考え、家を出た。

 佐竹被告と違うのは、親からの経済的な支援を受けず、新聞奨学生として住み込みで仕事を始めたことだ。奨学金を資金として一人暮らしを始め、経済的基盤を築き、家族をもつこともできた。

 私の裁判傍聴記を読んだとのことで、ほかでもないその男性本人からメッセージをもらった。本稿の締めくくりとして引用する。

「事件の経緯を知って、吐き気のするような心持ちです。

 被告人は、成績が落ち、大学に行かず、父親に見限られてからも、自己肯定感が低いまま過ごし、自分が中途半端な人間であるという意識を固定化させてきたように思います。

 劣等感をごまかすため何にも関心がないように振る舞い続けた結果、劣等感を心の奥底にしまい込むことに成功したのだろうと思います。自由になり、仲間ができ、恋人ができて自分を取り巻く世界が変わっても、世の中に対する自分の視点を変えることができなかったのでしょう。

 なれなかったものに自分を重ね、今度こそ息子を父親の認める人間にしなくてはならない、そのためには無駄な時間は使わず、最短で目的を達成しなければいけない。刃物を使った脅しのなかで、息子の声は聞こえていなかったのでしょう。

 当時歯向かえなかった自分と、怯えながらも被告人に向き合っている息子を重ね、嫌悪と焦りがあったのだろうと思います。

 実は私の母親もときどき聞いてきました。『(孫に)中学受験はさせないの? お金なら援助するわよ?』。最近は言わなくなったけど。

 私はこう言っています。『させないよ。本人が言ったら考えるけど、基本的には中学くらいまでは、嫌ってほど遊ばせたいから。別に勉強できなくてもいいんだ。ひとに好かれる子どもなら』。

 それでも母親はこう言います。『でも、いざってときにジャンプできるような基礎力はつけないとね。親のケアも必要よ?』。

 わかってないんだな~って思います」

(全3回シリーズ#1#2へ

(おおたとしまさ)

名古屋地方裁判所(2010年04月21日撮影) ©時事通信社