およそ5年前、詐欺グループとされる反社会的勢力主催の会合へ吉本興業の11人のタレントが参加していたとして、吉本興業が該当タレント11人に謹慎処分を下した『闇営業』問題。

2019年7月19日吉本興業は該当メンバーの1人である『雨上がり決死隊』の宮迫博之さんとの契約解消を発表。

同月20日に宮迫さんと『ロンドンブーツ1号2号』の田村亮さんが会見を開き、今回の騒動の経緯についてすべてを告白しました。

宮迫博之、田村亮と緊急謝罪会見 吉本興業の『圧力』を暴露し、引退を否定

会見で、宮迫さんは吉本興業から会見を阻止され、社長からは「全員クビにするぞ」といわれたことを暴露。

タレント活動について、宮迫さんは「いまは引退は考えられません」とハッキリといい切りました。

また、質疑応答で先輩である松本人志さんについて問われると、「松本さんは、僕が謹慎している間のレギュラー番組に『ノーギャラでも出たるから』と優しい言葉をかけてくれていました。申し訳ないです」と涙ながらに語りました。

『宮迫と田村の謝罪会見』に、松本人志が生放送でコメント

宮迫さんと田村亮さんの会見を受け、同月21日の情報番組『ワイドナショー』(フジテレビ系)が急きょ生放送に。

吉本興業に所属する松本さん東野幸治さんが、Twitterリアルタイムで寄せられた質問や意見に返答することになりました。

仕事の合間に会見を見て「これは無視できないな」と思ったという松本さん。「本当に、うちの浜田が申し訳ありません」と冗談を交えながら、会見に対する思いを述べました。

昨日の会見を、まあすべて見たわけではなかったんですけど、断片的でしたけど、見た時に僕の知らなかった事実がやっぱり、あまりにも多すぎて。

これは俺もなんか(吉本興業に)だまされてたみたいな気になって。やっぱ、このままじゃ吉本は絶対によくない。

この会見を見たからといって、急に手のひらを返すように宮迫と亮のやったことを急に悪から善にとは僕は思ってないですよ。

でも、発端は彼らかもしれないけれども、やっぱりここまで追い込んで信頼関係がなくなってしまった会社に対しては、これは絶対によくないし、吉本興業がこのままじゃ本当に壊れていく、つぶれていくんじゃないかなっていう危機感はやっぱだいぶ持ちましたね。

ワイドナショー ーより引用

宮迫さんと田村亮さんが会見で明かした、社長に会ってもらえなかったことや、会見をさせてもらえなかったことなどを、松本さんは知らなかったといいます。

会見の内容が事実であれば、吉本興業に対し「時代を全然読み間違えた会社なのかなと思った」と本心を語りました。

また、闇営業騒動に対し吉本興業が静観することになった際、松本さんは社員にそれなら吉本にいることはできないかもしれない。ここにいたくない」と伝えたそうです。

ネットの声】

・会見について真剣に考えながら笑いをとるのも忘れない松本さん、さすがでした。

松本さんも直談判してくれたみたいだけけど、吉本興業は変われるんだろうか。

・宮迫さんと田村亮さんだけじゃなく、今後のお笑い界のためになんとかすべきだと思う。

吉本興業は同月22日、記者会見を開く予定とのこと。宮迫さんと田村亮さんが語った内容に対し、どのようなコメントをするのでしょうか。


[文・構成/grape編集部]

出典
ワイドナショー