新宿から約40分、調布駅直結のトリエ京王調布1階にある「アトリエうかい」。軽やかな食感と風味豊かなクッキーの印象が強かったのですが、それだけではありませんでした!ケーキプリンなど、物語性あるお菓子が輝くショーケースうっとりと見とれていると・・・新たな発見が!それはなんと「手作りアイスクリーム」です!早速レポートします。

鮮度と手作りで育むお菓子


「うかいの余韻をご家庭へ」をコンセプトに、東京・神奈川を中心にレストランを展開するうかいグループの洋菓子店「アトリエうかい」。旬の素材を最も美味しく提供するというこだわりのもと、記憶に残るお菓子作りにこだわっている同店のお菓子は、手土産としても人気を集めています。

ナッツを挽くところから始まり、ジャムなど副素材も自家製。クッキー本来の美味しさをより良い状態にと、鮮度を大切に作っているとか。今回は、そんな「アトリエうかい」で見つけた、暑い夏にぴったりのひんやりスイーツ代表であるアイスクリームクローズアップします!

手作りアイスパフェと言いたくなるほどの芸術品

アイスの種類は「バニラショコラ・煎茶(各¥450円・税込)」の3種類。ガラス越しのオープンキッチンで注文が入ってから、ひとつずつ手作りされます。

新鮮な地卵・牛乳・希少なマダガスカル産バニラからできた贅沢なバニラアイスクリームの「バニラフランボワーズソース添え~」。コロンビア産・ベネズエラ産のカカオを特製ブレンドしたフルーティーショコラアイスの「ショコラオレンジマーマレード添え~」。静岡県産の深蒸し煎茶の香り・甘み・まろやかな渋みある煎茶アイスの「煎茶~大納言小豆添え~」。こだわりのアイスに添えられるのは、自家製のソースたちと北海道産生クリームで、どれもこれも魅力的ですごく迷います!

その他、大きなジューシーメロンに、ココナッツメロンソルベホイップバニラアイスからなる豪華な夏季限定の「メロンパフェ(850円・税込)」も。


今回選んだのは「ショコラオレンジマーマレード添え~」。厳選したカカオ豆からできる「ショコラ」は、なめらかで雑味なく、後から広がるショコラフルーティーさ。よく聞くフルーティーとはこういうことか!と実感する瞬間です。

時間が経っても溶けることなく、ムースのような濃厚食感に変化する不思議。その理由を伺うと、「牛乳を使っていないから」だと、パティシエの方が丁寧に教えてくださいました。果肉感あるオレンジマーマレードは甘すぎず、ショコラとの相性も抜群でした。

今後も、カカオの魅力を生かしたチョコレートスイーツが展開されるようで、バレンタインの時期がすでに待ち遠しくなります。

お菓子から沸きだす夏の物語とハーモニー 

品川と調布のお店ではプリン(バニラ・フロマージュ)やケーキも販売されています。夏季限定としては、芳醇な国産メロン果肉と北海道産生乳100%クリームの「プレミアムメロンショートケーキ(770円・税込)」、角切り完熟アップルマンゴーが贅沢な「マンゴープリン(530円・税込)」が展開されています。


季節の焼き菓子には、仙台のずんだ・日向夏などのクッキーを包んだ「ふきよせ ほたる狩り(1080円・税込)」、とうもろこしかぼちゃ・新茶と夏の旬からなる「サブレ 夏の小箱(1080円・税込)」が登場しています。

蛍が庭に美しく舞う情景を表したパッケージも美しく、目を引きますね。蛍を探した夏の夜、冒険の夏、祖父母の畑で走り回った夏と、幼き頃の想い出が、手の平に浮かんでくるようです。


お店の横には約3名が座れるソファー席があり、イートインも可能。まるでおとぎ話の中に出てくる小部屋のような、心踊る空間は、映画のワンシーンのような気持ちを感じさせます。

今回は、「アトリエうかい」で見つけたアイスクリームや季節のお菓子クローズアップしました。蛍、野菜、果物、自然、故郷・・・想像力と技術の生みだす幻想的なお菓子は、手土産にもぴったりです!心温まるスイーツを手にし、2019年の夏の物語を始めましょう!


アトリエうかい トリエ京王調布店
住所:〒182-0024 東京都調布市布田4-4-22 トリエ京王調布A館1F
営業時間:10:00〜21:00
TEL:042-444-7367
定休日:不定休
交通:京王線調布駅」すぐ
ホームページ
https://www.ukai.co.jp/atelier/


[all photos by kurisencho]
アトリエうかいショコラ