シャペコエンセ×A・ミネイロで起きた異常現象が波紋 「カメラの問題ではなかった」

 ブラジルで起きた“不可解なボール浮遊”が話題沸騰中だ。理解不能な超自然現象に「非現実的な大炎上」「ボールは空中でバウンドしたのか?」と反響は拡大している。

 ブラジル全国選手権は現地時間14日、シャペコエンセ対アトレチコ・ミネイロの一戦を開催。後半アディショナルタイムにアトレチコ・ミネイロが決勝弾を挙げ、2-1で逆転勝利を収めた。手に汗を握る白熱の展開となったが、試合内容以上に注目を集めているのが、1-1で迎えた後半42分の場面だ。

 シャペコエンセのアルゼンチン人MFディエゴトーレスがCKから山なりのボールを放り込むと、大きな弧を描いたボールの軌道に突如、異変が起きる。急に落下するような動きを見せ、さらに次の瞬間にはバウンドするように再び浮上したのだ。

 あまりに不可解なボール浮遊は、「幽霊か?」「名探偵にこの動画を送る必要がある」と話題を呼んでいたが、反響は拡大。ブラジルメディア「UOL」は「シャペコエンセ戦で非現実的な大炎上。結局、ボールは空中でバウンドしたのか?」と見出しを打ち、「ボールにどんな影響がもたらされたのか? 目の錯覚か? カメラの問題か? それとも超常現象なのか? 一つ分かっているのは、カメラの問題ではなかったということだけだ」と説明している。

 また、ポルトガルメディアBancada.pt」は「異常な現象の要因は大気圧の変化以外に物理的観点から説明することができない」と取り上げている。サッカー界で起きた“不可解なボール浮遊”は、ブラジル国外でも大きなトピックスとなっているようだ。(Football ZONE web編集部)

コーナーキックから放り込まれたボールが突如…(写真はイメージです)【写真:Getty Images】