吉本興業の岡本昭彦社長が、21日に生放送されたフジテレビ系トーク番組『ワイドナショー』(毎週日曜10:00~)にVTR出演し、一連の闇営業騒動を謝罪し、22日に会見を開くことを発表した。

お笑いコンビ雨上がり決死隊の宮迫博之、ロンドンブーツ1号2号田村亮は20日、都内で開いた会見で一連の闇営業騒動を謝罪。一方で、吉本興業の岡本昭彦社長から、「全員連帯責任でクビにするからな。それでもええんやったら記者会見やれ。俺にはお前ら全員クビにする力がある」など圧力があったことを告発した。

このことを受け、『ワイドナショー』では急きょ生放送に変更。お笑いコンビダウンタウン松本人志東野幸治が会見について語る中、岡本社長のVTRが流された。

岡本社長は、「この度は弊社の問題につきまして大変ご迷惑をお掛けしておりまして、誠に申し訳ございません」「はじめに反社会的勢力からタレントが金銭を受け取ってしまった件につきまして被害者の方々に対しまして、事務所を代表してお詫びを申し上げます」と謝罪。

さらに、「また、ファンの皆様、関係者の方々にも大変ご心配、ご迷惑をお掛けしまして誠に申し訳ございません」「昨日のような会見をタレントにさせてしまったことを大変心苦しく思っており、つきましては明日私の方から会見を開かせていただいてご説明をさせていただければと思います」「この度は申し訳ございません」と計4回頭を下げていた。

画像提供:マイナビニュース