バイエルン戦、後半から久保出場 背番号26の日本人MFがキックオフ直後に好プレー

 今夏、FC東京からスペインの名門レアル・マドリードに移籍した日本代表MF久保建英は、現地時間20日(日本時間21日)のインターナショナルチャンピオンズカップ(ICC)初戦バイエルン戦(1-3)で後半から出場し、“レアルデビュー”を飾った。ファーストプレーで圧巻のスキルを披露するなど随所に存在感を示し、海外メディアは「あと一歩でゴールという久保の素晴らしいプレー」と称えている。

 この日、久保はベンチスタートとなった一方、試合は前半15分に動く。バイエルンMFキングスレイ・コマンが左サイドを崩し、ゴール中央へパス。フリーになったMFコランタン・トリッソのシュートは一度GKティボー・クルトワが止めたものの、こぼれ球を再びトリッソに押し込まれ、バイエルンに先制点を献上した。

 0-1で迎えた後半開始から、レアルは11人を総入れ替えし、ジネディーヌ・ジダン監督は久保の投入を決断。「背番号26」を背負った日本人アタッカーはピッチに送り出され、“白い巨人”でのデビューを飾った。

 久保は後半キックオフ直後、ハーフウェーライン付近から入った縦パスに反応。右足でトラップした直後に相手2人に囲まれる形となったが、左足で巧みにボールを動かして相手を一気に置き去りにするドリブルで打開した。そのまま左サイドを駆け上がって中央にボールを供給したが、これは相手GKマヌエル・ノイアーにキャッチされた。

 そんな久保のプレーを「あと一歩でゴールという久保の素晴らしいプレー」と伝えたのがペルーメディアdepor.com」だ。

久保のキックゴール方向へ 「ボールを受けて、個人技で圧巻のプレーを披露」

バイエルン戦、久保がボールを受けて個人技で圧巻のプレーを披露した。久保が個人技でゴールに近づいたが、GKノイアーが危険を素早く回避した」と一連のプレーを描写。久保のキックは精度を欠いたクロスのように見えるが、ボール自体はゴール方向に向かっており、ノイアーが反応しなければゴールに吸い込まれる軌道を描いていた。記事では「久保は同点になるかもしれない素晴らしいプレーを見せた」と評している。

 その後も久保は冷静なボールタッチを見せ、時に下がりながらパスを受けて攻撃を構築。後半17分には敵陣中央でボールを受けた久保がスルーパスを送り、ブラジル人FWヴィニシウス・ジュニオールゴール前に走り込んでチャンスを迎えたが、シュート精度を欠いて惜しくもゴールは逃した。

 試合は相手のエースFWロベルト・レバンドフスキ、MFセルジュ・ニャブリに被弾して0-3に。後半39分にレアルの新加入MFロドリゴが強烈なFKを叩き込んで1点を返すも1-3で終了。ほろ苦デビューとなった久保だが、18歳アタッカーは堂々たる存在感を示した。(Football ZONE web編集部)

デビューを果たした久保建英は、ファーストプレーで圧巻のスキルを披露した【写真:Yukihito Taguchi】