レアル・マドリーを率いるジネディーヌ・ジダン監督がウェールズ代表FWガレス・ベイル(30)の移籍を明言した。スペインマルカ』が報じた。

ジネディーヌ・ジダン監督の今夏放出候補筆頭として、長らく注目を集めるベイル。本人は残留の意思を示しているが、それに反して売却を望むレアル・マドリーは他クラブからのオファーを待っているとみられる。

そのベイルは現在、チームの北米ツアーに帯同。だが、日本時間21日に行われたインターナショナルチャンピオンズカップ(ICC)2019のバイエルン戦で先発メンバーどころか、ベンチにも入らなかった。

ジダン監督はそのバイエルン戦後、ベイルについて問われると、次のようにコメントベイルレアル・マドリー退団に向かっていることを明らかにした。

「彼を外したのは彼が移籍しようとしているからだ」

「(移籍決定時期? )明日にも決まれば、良いことだ」

「個人的なことじゃない。私とベイルには何もない

「だが、私は決断する。変化が必要なときが来てきて、全員にとって良いことだ」

「退団は監督の決定であり、選手の決断でもある」

サムネイル画像